東日本大震災10年 日本基督教団東北教区 片岡謁也氏「共に嗚咽する神」 2021年4月1日

 日本基督教団東北教区は3月11日、「東日本大震災10年記念礼拝」を行った。会場となった同教区の教区センター「エマオ」のほか、フェイスブックによってライブ配信され、同教区内の6カ所の教会でパブリックビューイングが行われ、約180人が視聴した。

 「涙を流す旅」と題して説教を担当したのは片岡謁也氏(日本基督教団若松栄町教会牧師)。同教区の設立した「被災者支援センター・エマオ」(2019年に活動終了)の立ち上げから支援活動に参加した同氏は、「全国から祈りを込めた救援物資が届けられ、それを車で『エマオ』に運んだ。イエスが2人の弟子と共にエマオへ向かったように、『エマオへの道』に向かうトラックにイエス・キリストが共に乗っていてくれていた、と今でも信じている」と話した。

 また、「延べ1万人のボランティアワーカー、全国からの救援物資、福島の避難者を受け入れ。それら諸教会の働きは、『喜ぶ人と共に喜び、泣く人と共に泣きなさい(ローマ書12:15)』の言葉によって、押し出された」と語った。一方で、ボランティアとして働かない人のことを責める人がいたこと、近隣が困難な状況にあるのを見過ごすような教会があったことにも触れ、「あなたの信じる神は何か。あなたの神はどこにいるのか」と延べた。

 さらに未だ事態の解決を見ない福島の放射能被害にも言及し、「原発は人間関係、自然と人間との関係を分裂させ、癒やされない不安や痛みの中に生きている人たちが今でもいる。10年目の現実を見つめ続けることが求められている」とした。

 最後に、「神は涙を流された(ヨハネ福音書11:35)」の言葉から、「私たちの信じる神は天上高く雲の上から地上の民を見下ろしている神ではない。人間の苦悩、不安、痛みに寄り添い、共に嗚咽する神であることを聖書は伝えている。私たちも共に泣いてくれる神を心に刻み、それぞれ託されている命を最後まで生き抜いていきましょう」と結んだ。

 礼拝内では「東北教区3.11わたしたちの祈り2021」がささげられた。

社会・教育一覧ページへ

社会・教育の最新記事一覧

TO TOP