カラバッジョの失われた傑作か スペイン政府が競売を阻止 2021年4月12日

 スペイン政府は4月8日、首都マドリードで競売に掛けられる予定だった絵画が、イタリアの巨匠カラバッジョによる所在不明の傑作である可能性があるとして、競売を阻止した。AFP通信が報じた。

 作品は17世紀の油絵で、十字架にかけられる直前のイエス・キリストが描かれている。

 ホセ・マヌエル・ロドリゲス・ウリベス文化相が競売の数時間前になって、この絵がカラバッジョ作品である可能性が示されたとツイッターで明らかにした。

 オークション・カタログには「(スペイン画家)ホセ・デ・リベラの弟子」の作品で、最低入札価格は1500ユーロ(約19万円)と記されていた。

 カラバッジョの絵画では、2014年にフランスの民家の屋根裏にあった古いマットレスの下から「ホロフェルネスの首を斬るユディト」という作品が見つかり、19年に競売に掛けられる2日前に外国人収集家に売却されるという出来事があった。同作には1億7000万ドル(約190億円)の価値があると推定されている。

海外一覧ページへ

海外の最新記事一覧

TO TOP