シャルル・ド・フーコー神父ら7人が「聖人」に 2021年5月7日

 バチカン・ニュース(日本語版)によると、教皇フランシスコは5月3日、「列聖の件」をめぐり枢機卿会議を開き、シャルル・ド・フーコー神父ら、7人の福者の列聖を決定した。

 この会議により、司祭、探検家、トゥアレグ族の言語および文化研究者としてサハラ砂漠で観想生活を生き、58歳で盗賊団に殺害されたシャルル・ド・フーコー神父ら、7人の福者の列聖が決定した。列聖の日・場所については、「パンデミック」の状況を考慮し、追って発表される。

 シャルル・ド・フーコー神父は1858年、ストラスブール生まれ、探検家、地理学者として知られる。信仰を失い、無規律な生活を過ごしたが、軍人になり、モロッコ探検を機に、神の現存に心を揺り動かされ28歳で回心、サハラ砂漠で遊牧民トゥアレグ族の友であろうと努め、奴隷制度と闘い、言葉と文化を学び、トゥアレグの叙事詩を収集し、タマハク語の辞書を編集した。1888年に著書『モロッコのルネサンス』を発表した。1890年に厳律シトー会に入会、1916年12月1日、サハラの奥地で暗殺された。2001年4月24日に教皇ヨハネ・パウロ2世によって尊者に、2005年11月13日に、教皇ベネディクト16世によって列福された。

 フーコー神父の伝記や霊的手記が多数出版されている。邦訳書に次のようなものがある(現在、在庫なく絶版のものも含む)。ジャン=フランソワ・シックス著、倉田清訳『シャルル・ド・フコーの霊的遍歴』(エンデルレ書店、1976年)、シャルル・プチ著、大久保昭男著『シャルルとイエズス』(エンデルレ書店、1981年)、ルネ・ヴォワイオーム著、澤田和夫訳『人人のあいだに・人人のなかに――イエスのシャルルに続く者たち』(ドン・ボスコ社、1996年)、ジャン=フランソワ・シックス著、倉田清訳『シャルル・ド・フーコー』(聖母文庫・聖母の騎士社、1998年)、シャルル・ド・フーコー著、澤田和夫訳『霊のあふれの手記』(サンパウロ社、2000年)。

 この日、列聖が決まった福者たちは以下のとおり。

・シャルル・ド・フーコー(司祭 フランス1858~アルジェリア1916)
・ラザロ(デヴァサハヤム・ピライ 信徒、殉教者 インド1712~1752)
・セザール・ドゥ・ビュス(キリスト教教理司祭会創立者 司祭、フランス1544~1607)
・ルイジ・マリア・パラッツォーロ(貧しき者の修道女会創立者 司祭、イタリア1827~1886)
・ジュスティーノ・マリア・ルッソリッロ(司祭、神の召命会・神の召命修道女会創立者 イタリア1891~1955)
・イエスのマリア・フランチェスカ(アンナ・マリア・ルバット 修道女、ロアーノのカプチン律修第三会創立者 イタリア1844~1904)
・マリア・ドメニカ・マントヴァーニ(修道女、聖家族の小さき姉妹会共同創立者 イタリア1862~1934)

海外一覧ページへ

海外の最新記事一覧

TO TOP