【訃報】 松平信久さん(元立教学院長) 2021年5月20日

 まつだいら・のぶひさ 立教大名誉教授、教育心理学。5月20日、間質性肺炎のため逝去。80歳。葬儀は近親者のみで行った。

 1941年東京生まれ。立教大学文学部卒業、立教大学大学院文学研究科心理学専攻修士課程修了。立教大学教授、同大文学部教育学科長、立教高等学校校長、立教新座中学校・高等学校校長などを歴任。2003~10年、立教学院長、立教学院評議員、立教英国学院理事。

 日本教育学会、日本教育心理学会、日本教育方法学会、日本教師教育学会、日英教育学会などに所属。文学修士。専門は教育心理学、教授学、児童文化論、教師教育論。

 著書に『「時」に生き「時」を超えて—物語に表れた「時」「母」「父」を読む』(聖公会出版)、共著に『教育心理学』(文教書院)、『現代教育を考える』(昭和堂)、『子どものための学校』『教師のライフコース――昭和史を教師として生きて』(東京大学出版会)など。

社会・教育一覧ページへ

社会・教育の最新記事一覧

TO TOP