韓国仏教「曹渓宗」関係者 “釈迦誕生日”行事妨害した「プロテスタント信者」を「告訴」 2021年6月2日

 韓国仏教界最大の「曹渓宗」所属の職員たちは、5月19日の釈迦誕生日にソウルの曹渓寺=写真=の前で、「神の御心を伝えに来た」として賛美歌を歌い、仏教を侮辱する掛け声を叫んだプロテスタント信者たちを告訴した。ネットメディア「ワウコリア」が報じた。

 6月2日午前、曹渓宗中央宗務機関の職員56人は ソウルの鍾路(ジョンノ)警察署に、現職の教会牧師と信者25人を、礼仏妨害・業務妨害などの嫌疑で告訴した。

 プロテスタント信者たちは、釈迦誕生日に礼仏・奉祝法要式が行われていた曹渓寺の前で、拡声器を使って大声で業務を妨害した嫌疑を受けている。曹渓宗側によると、「仏教は偽物だ」「目覚めよ、天国は近づいた」などと、一方的な宣教行為を行ったという。マスクもきちんと着用せず、防疫規則にも違反していたという。(CJC)

https://www.flickr.com/photos/parrhesiastes/ - https://www.flickr.com/photos/parrhesiastes/403460012/, CC 表示 2.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=2665601による

海外一覧ページへ

海外の最新記事一覧

TO TOP