【Zoom】ワークショップ難民 Vol.19

主催:アジア福祉教育財団難民事業本部、神戸YMCA

 

紛争や迫害から逃れ、故郷を追われた難民や国内避難民が世界各地に約8,000万人います。日本にも、さまざまな国から難民が庇護を求めて来ています。

わたしたち自身にできることは何か、一緒に考えてみませんか。

6月23日(水) 難民とは

難民とはどのような人でしょうか。もしあなたの家族が難民になったらどうしますか。難民の定義や避難しなければならない原因、難民の身に降りかかる困難についてワークショップを通して考えます。

7月7日(水) 難民になる

戦火が迫り家族が危険にさらされたら、政治的な活動により投獄される恐れがあったら、あなたは国境を越えて難民になりますか。迫害や紛争から逃れる難民に、どのような行く手が待っているのか、シミュレーションから考えます。

7月21日(水) 難民を受け入れる

私たちはもっと多くの難民を受け入れるべきでしょうか。日本社会への影響や国際社会から期待されることは何なのか、認定制度や受入れの仕組み、収容などについての議論を整理し、あるべき難民受け入れの姿を考えます。

  • *内容は変更になる場合があります。

時間:19:00-20:00   

定員:各回40人、要申込(下記URLより)

 

URL:https://ux.nu/QjPCR

※申込締切:各回の前日17時まで

問合せ:難民事業本部関西支部 kansai@rhq.gr.jp

    神戸YMCA国際・奉仕センター houshi@kobeymca.org

 

イベント一覧ページへ

イベントの最新記事一覧

TO TOP