ポッドキャストで新番組「それってどやねん」 牧師とコスプレイヤーがMC 2021年6月23日

 クリスチャンの疑問に寄り添うトーク番組「それってどやねん」(略称=それどや)が6月8日からスタートした。日本フリーメソジスト桜井聖愛教会牧師の大澤恵太氏(愛称「ケイケイ」)と、クリスチャンのコスプレイヤー「うさこ」さんらによるQ&A形式のトーク番組。

 クリスチャンが抱える素朴な疑問に対して、プロテスタント福音主義の立場から牧師が語る。「発言はあくまで個人の見解」「キリスト教会を代表するものではない」としつつ、答えにくい質問にもオブラートに包まず率直に答えるというのがコンセプト。

 自己紹介に続く第2回は、「福音って何?」「クリスチャンは病気を癒やせるってほんと?」といった質問に答えた。大澤氏は、がんを患い死を目前にした友人が「癒やしの信仰」を持つ関係者から「必ず癒やされる」と宣言されながら、翌日に亡くなってしまったという体験を振り返り、「死の向こうに約束された希望を見させないという信仰は間違っている」と悔やみきれない心境を打ち明けた。

 「それってどやねん」は毎月「8」の付く日(8日、18日、28日)に月3回配信。毎回約30分で、 教会生活・日常生活での疑問、クリスチャンへの疑問、聖書に対する疑問などに答えていく。大澤氏は、「異論もあり得るが、トークをきっかけに皆さんが自分なりに考えてみる機会になれば」と期待を込める。

 番組では専用サイト(peraichi.com/landing_pages/view/soredoya)またはTwitter(twitter.com/soredoya?s=21)「#それどや」で、コメントや質問を募集中。

クラブハウス(clubhouse)の活用法めぐり牧師が「倫理」を提案 2021年3月1日

宣教・教会・神学一覧ページへ

宣教・教会・神学の最新記事一覧

TO TOP