教皇が入院先で正午の祈り 「すべての人にアクセス可能な医療を」 2021年7月14日

 教皇フランシスコは、結腸の手術から1週間後の7月11日、入院先であるローマ市内のアゴスティーノ・ジェメッリ総合病院のバルコニーから、入院中の子どもたちと共に姿を現わし、日曜正午の祈りを唱えた。

 バチカン・ニュースの伝えるところでは、教皇が公の場に姿を見せたのは、ちょうど1週間前の4日正午の祈り以来。同日午後から、教皇は結腸の手術のためジェメッリ病院に入り、術後の日々を過ごしてきた。病棟の下には、大勢の市民が詰めかけ、教皇を温かい歓声で迎えた。「お告げの祈り」を唱える前の説教で、教皇は、入院生活の中で多くの人から寄せられたお見舞いや祈りに深い感謝を述べた。

 入院先から行われた「お告げの祈り」の際、教皇は次のように述べた。

 ミサで示された福音は、イエスによって派遣された弟子たちが、「油を塗って多くの病人をいやした」(マルコによる福音書6:13)と語っています。

 この「油」とは、魂と体に慰めをもたらす、病者の塗油の秘跡を思わせます。

 しかし、それは同時に、病者の世話にあたる人の、耳を傾ける態度や、寄り添い、思いやり、いつくしみでもある。それは病者に元気を与え、苦しみを和らげ、慰める、優しさのようなものです。

 私たちは皆、いつかはこの「塗油」を必要とします。そして、私たち皆が、支えを必要とする人に対し、会いに行ったり、電話したり、助けの手を差し出すことで、その油を与えることができるのです。

 マタイによる福音書25章にあるように、最後の審判で、病気の人たちを見舞ったかどうかが問われることを思い出しましょう。

 ここ数日の入院生活で、イタリアや他の国々にある、すべての人がアクセスできる良い医療サービスが、いかに重要かを体験しました。

 時に、教会系の医療施設でも、経営難のために最初に思い浮かぶことは、売却することです。しかし、教会系の病院には召命があります。それは、お金のためではなく、奉仕のためです。無償性あるシステムを守ることを忘れてはなりません。

 医師たち、また、すべての看護師や、病院で働く人々に、私の尊敬の念を表し、励ましを送りたいと思います。

 そして、最も難しい状況にある人々をはじめ、すべての病者のために祈りましょう。

撮影=山名敏郎

海外一覧ページへ

海外の最新記事一覧

TO TOP