仏西部ヴァンデでマリア宣教会の管区長が殺害 2021年8月14日

 フランス西部ヴァンデ県サン・ローラン・シュル・セーヴルで8月9日、マリア宣教会(モンフォール宣教会)のフランス管区・管区長オリヴィエ・メール神父(60)カトリック司祭=写真=が殺害された。

 バチカン・ニュースが伝えるところでは、同神父は現地の警察によって、同日午前、遺体が発見された。容疑者自らが警察に出頭し、同神父の殺害を告げたという。

 カトリック系日刊紙「ラ・クロワ」によれば、容疑者はルワンダ出身の男(40)で、2020年7月、ナントのサン・ピエール=サン・ポール大聖堂の火災の際、放火の疑いで拘束され、犯行を自白した。その後、法的観察の下に、身柄を解放され、裁判を待つ間、メール神父の所属するマリア宣教会の共同体に今年6月から身を寄せていたという。

 神父殺害の報を受け、フランス司教協議会と同国の修道者評議会は、「深い悲しみと不安」を表明した。

 マリア宣教会の総長、サンティーノ・ブレンビッラ神父は、犠牲となったメール神父を、「会の創立者ルイ・マリー・グリニョン・ド・モンフォールの霊性を受け継ぐ、大きな価値を持った修道者・司祭」として惜しみ、「これは私たちにとってまさに悲劇」と話した。(CJC)

海外一覧ページへ

海外の最新記事一覧

TO TOP