【CT】 オリンピックは「失敗にまつわる物語」 2021年8月6日

 オリンピックの夢は、決して達成することができない何百万という数えきれないゴールを追い求めることである。

*米紙「クリスチャニティ・トゥデイ」社主のティモシー・ダルリンプル氏(Timothy Dalrymple)による論説より。

 1984年のロサンゼルスオリンピック。世界中の家族がテレビの前で釘付けとなり、努力と勝利の物語がリビングルームにあふれ出てくるのを目の当たりにした。当時、私は8歳で、まさにその光景に魅了されていた。聖火リレー、開会式、カール・ルイス、エドウィン・モーゼス、そしてメアリー・ルーレットンの驚異的な達成、アメリカの国旗がはためき、アスリートが涙ながらに歌う国歌、メダル授与式の連続――すべてが私の心を奪った。最も魅了されたのは男子体操団体の金メダルだった。私の魂は高揚した。

 おそらく、大海に続く桟橋の上にカモメを見たことがあるだろう。風向きが良ければ、羽を広げて空へ舞い上がる。同じことを感じた。それは、その時限りの夢、憧れ、そして魂の飛翔。

 その憧れが私の人生を動かし始めた。私は鼓舞され、体操を生涯のキャリアにし始めていた。眠る時は輝かしいイメージが私を満たした。何時間にも及ぶトレーニングと怪我の連続にも耐えた。私は国中、いや世界中をめぐり、全国チャンピオンとなり、ナショナルチームのメンバーにもなった。普通ならとても入れないような大学に入学でき、1年時には全米スポーツ協会のチャンピオンになった。

 そして、すべてが粉々に砕け散る時が来た。1996年、アトランタオリンピックの数カ月前、私は平行棒から落ちて首の骨を折った。一瞬にして私の体操人生は「落伍者」として終焉を迎え、脊髄損傷と慢性の痛みが生涯にわたるとの宣告を受けた。

 信仰に生きる人間として、歴史は神の計画で満たされていると信じている。天地万物は神のみ旨に支配されている。詩編の詩人はこう書いている。「胎児の私をあなたの目は見ていた。/すべてはあなたの書に記されている/形づくられた日々の/まだその一日も始まらないうちから」(詩編139:16)。「何がポイントだったのか。ただ怪我と絶望に終わるというなら、何がこの何千時間にわたるトレーニングと苦難の目的だったのか。どこにその意味があったのか」

 同じ質問が、東京オリンピックを見ながら私の心に沸き起こる。私は再び、不可能な確率に立ち向かう勝利の物語を目にしている。しかし、それをはるかに上回るほど多くの「失敗の物語」を見る。筋書き通りにいかない多くのアスリートの姿を見る。怪我や周囲の障害。勝つことを期待されたアスリートでさえ、容易にたどり着くことはない。そしてもし、それらを「失敗」と呼ぶのが過酷に聞こえるなら、失敗した友人をおそらく認識することはできていない。

 オリンピックとは事実、すべて「失敗にまつわる物語」だ。莫大な失敗の総計を確かに思い起こさせる。オリンピックに出場する大多数の選手は一つもメダルが取れない。ある競技で金メダルをとる選手も、他の競技では及びもつかない。そしてもちろん、オリンピックチームに入ろうと奮闘する圧倒的多数は、最初のステージでチームの構成から漏れる。そして、もし100万人の少女が、シモン・バイルスやスミ・リーを見て、オリンピック・ドリームを心に抱き体操クラスに登録したとしても、99万9999人は夢をつかむことができない。

 もちろん、その途上で小さな勝利はある。だが、たとえ100万分の1でオリンピック選手チームに入る夢を達成した少女でも、「失敗」とは常に紙一重。新しいスキルと新しい型を習得することは、その途上で数えきれない失敗を要求する。バイルスのような飛びぬけた体操選手でさえ、終わりのない失敗の連続に押しつぶされかねない。

 重要なのは、失敗したアスリートを責めることではない。重要なのは、選手生活には失敗が不可欠であるということ。オリンピックの夢は、世界中で数千万、数億の夢を実現し、決して達成できない夢を追い求める。しかし、それらの夢を目指して努力することで、運が良ければ、本来の姿になる。

 私は多くのオリンピック選手に彼らの経験について尋ねた。彼らが同意することの一つは、オリンピック自体についてではなかった。それは、どのような失敗が彼らを作ったかについてだった。勝利は、危険と隣り合わせだった。勝利は魂にとってより危険であり、より有益な敗北である。

 これは、失敗が私たちを強くするという単なる世俗的な格言ではない。いくつかの失敗は私たちを良くするのではなく苦いものにする。しかし、私たちがその教訓から学ぶことを厭わなければ、失敗は私たちにとって最高の益をもたらす可能性がある。

 聖書は失敗の物語で一杯だ。アブラハムとモーセは、失敗していなければ信仰者の模範になっただろうか。ダビデは詩編を紡いだだろうか。伝道の書の教師は、世界の求めに意味を見出そうとした。そして私たちは、彼が失敗を通して得た知恵に恵まれている。もし彼らが失敗によって謙虚にならなかったならば、ペトロとパウロは神の手にあるしなやかな道具になっただろうか。

 私がずっと耐えてきた失敗と、怪我のためにオリンピックチームに入れなかったことは、私を深く形成した。それは私に自分の限界を示し、思いやりを教えてくれ、多くの罪と欠陥を示した。さらに自分自身を超えた強さの必要性を示し、神の恵みを照らした。いくつかの点で、オリンピックの夢は律法と同様の役割を果たす(ローマ3:20、7:7)。完璧な理想として、努力、失敗、そして最終的には私たち自身の欠点と神への完全な依存の認識を刺激する。

 他のアスリート、オリンピックに出場する選手、出場しない選手と同様に、私の体操人生の目的は、金メダルの輝かしい栄光の瞬間を入手することではなく、残りの人生の準備をすることだった。それは私をチャンピオンにすることではなく、私を楽器にすることだった。

 私の選手生命が終わった後、年上の体操選手は私にこう言った。「今、あなたが学んだすべてを取り入れて、何か他のものに秀でてください」。それは有益な助言のように思えたし、おそらく私がその時に聞く必要があったものだった。しかし、私はまだ準備ができていなかった。

 25年後の今、私はそれを別の言い方で表現する。失敗と失望を経験するアスリートと私たち全員に言いたい。「あなたは神との交わりで失敗する方法を学んだ。さあ、行ってまた失敗し、友人として失敗を迎えよう。あなたがそれを許せば、あなたの失敗はあなたを洗練するだろう。それはあなたをますますキリストの似姿に形作るだろう。そして、キリストのようになることで、あなたは彼の栄光と世界の利益のための道具になる」

https://www.christianitytoday.com/ct/2021/august-web-only/olympics-sports-are-about-failure-defeat.html?fbclid=IwAR2T0-wi2WU6yvucq6KunA37XwMpQDc2mDLaRVdIXmCL-UCcsaFLSJEEbG8

Image by David Mark from Pixabay

海外一覧ページへ

海外の最新記事一覧

TO TOP