英国調査 児童虐待に対する文化的障害が露見 2021年9月9日

 バプテスト、メソジスト、アフリカン・カリビアン教会(アフロカリブ教会)、その他の非英国国教会、その他の宗教機関における現在の児童保護政策に関する調査は、被害者など虐待の申し立てを開示しようとする人々に文化的障害が立ちはだかっている場合があることを明らかにした。調査ではさらに、一部の宗教機関が被害者に秘密事項を開示しないよう圧力をかけるため、罪の赦しの概念を悪用していることも判明した。英紙「プレミア・クリスチャン・ニュース」が報じた。

 38の宗教機関への報告書は、ユダヤ人、イスラム教徒、シーク教徒、ヒンズー教、仏教の設定など他の宗教をカバーしている。調査したキリスト教グループには、改革派連合、英国バプテスト連合、福音同盟、英国メソジスト教会、アフロカリブ教会、救世軍が含まれている。どのような場面でこれらの組織が健全に機能しているかについても、詳しく説明した。

 種々の組織が、イングランドとウェールズの子どもたちをどの程度、性的虐待から「守らなかったか」を調べる性的児童虐待に関する調査は、すでにローマ・カトリック教会、英国国教会と特定の評議会による虐待を調査している。

 同調査に関する16日間の公聴会は2020年8月に終了。報告書は、被害者の非難の声、恥、虐待の指導者が控えめに扱われる場合の権力の乱用、身体に関する不信感、被害者の秘密事項に至ることの開示へ圧力をかけるために使用される、罪の赦しの概念など、これらの宗教的な場面で虐待を報告することに大きな障壁があることを証明した。

 226ページに上る報告書は、ほぼすべての宗教団体で虐待が起こったと述べている。また、これらを包括する組織は常に虐待の申し立てに関するデータを収集しておらず、一部の教会やその他の礼拝所には基本的な児童保護措置すら講じられていないと結論づけた。

 報告書は、すべての宗教団体が児童保護政策と支援手続きを持つべきであり、政府は「登録された学校」の範囲内で子どもの主要な教育の場である任意の設定をもたらすために、フルタイムの教育の定義づけを改正することを法制化し、それを調べるのに十分な権限をオフステッド(Ofsted=The OFfice for STandards in EDucation, Children’s Service and Skills=教育、子どもへのサービスおよびスキルの規準のための研究所)に提供することを推奨する。

 この報告書は、メソジスト教会の日曜学校で暴行を受けた12歳の少女など、教会での虐待事例を数多く示しているが、当該教会の牧師によるサポートはまったくないどころか、被告人が無罪であり被告人の家族が「教会の重要メンバー」だと発言し、被告人が有罪判決を受けた際にも謝罪はしなかった。

 報告書は、「いくつかの教会の環境における鍵となる課題は異なっている。宗教指導者の中には、神によって任命されているので、彼らは会衆や組織や他の人に答えられないという信念を永続させるという愚かな人もいる。精神的虐待の探求において、ある暴行による被害者は『聖職者は特別な方法で神に油そそがれた者であり、疑問を持つべきではないという、教会の根底にある一般的なコンセンサスを本気で信じてしまっていた」と振り返っている。

 報告書は、異なる教派が組織内の個々の教会に対して、いかにして異なるレベルの干渉または責任を持つかを説明している。

 例えば、「英バプテスト連合は、イングランドとウェールズの約1945のバプテスト教会で構成されている。2020年5月の公聴会では、教会全体で行われた申し立て数の記録を収集または保持しなかった。2020年末以降、この情報収集を開始する計画がある」。

 「2018年、救世軍はイングランドとウェールズに約2万人のメンバーを抱えていた。これは、国家レベルで行われた申し立て数を記録し、過去10年間に救世軍内で60の申し立てが行われたと報告している」

 赦しの概念は、宗教全体で悪用されていた教義としても注目された。「個人に赦しを求める圧力をかける(虐待の被害にあっても相手を赦せ)と、開示が適切に処理されるのを妨げる可能性もある。イエス・フェローシップ教会による虐待からの生存者協会サリー・ハーストさんは、イエス・フェローシップ教会内の人々が虐待を開示した時、犠牲者が「加害者を赦すように言われたり、加害者のために祈るように言われたり、神の意志または神だけが裁く」という悪しき「赦しのサイクル」があると言った。「もし証明された申し立てがあったら、加害者は赦され、『悔い改め、和解だ』と言い、有罪判決を受けた加害者は教会に戻って別の指導者の役割に歓迎されるだろう」と。

 報告書の執筆者は、すべての宗教団体が児童保護方針と支援手続きを持つことを推奨している。これらは、専門的な児童保護アドバイスとすべての組織がリーダーシップを持つ人々と若者と一緒に働く人のための定期的な強制的訓練を受ける必要があり、定期的に更新する必要がある、と述べている。

 彼らの第二の勧告は、上記のように、フルタイムの教育の定義づけをより明確にし、Ofstedが生徒の教育の主要な場所でとなるどのような場をも精査させることだ。

 報告書は、宗教団体と政府が今後6カ月以内に、関係する計画表を含む、彼らの勧告に対する回答を公表することを要求する。

 クリスチャン保護慈善団体「Thirtyone」のジャスティン・ハンフリーズCEOは報告書に答えた。「この報告書は、この国の多くの教会が、子どもの保護慣行のために大きな進歩を遂げていることを明示している。しかし、私たちは自己満足に浸るべきではない。まだやるべきことがたくさんある。信仰と宗教団体が自分たちの実践のためにコンプライアンスを管理するよう任されるべきではない、という一般的な共通認識が見られることを喜ばしく思う」

Photo by Artyom Kabajev on Unsplash

海外一覧ページへ

海外の最新記事一覧

TO TOP