教皇 世界食料デーに「市場の論理超え連帯の論理へ」 2021年10月18日

 教皇フランシスコは10月16日、国連の「世界食料デー」にメッセージを送った。バチカン・ニュースによると、国連食糧農業機関(FAO)の屈冬玉(チュー・ドンユィ)事務局長に宛てたメッセージで教皇は、「世界食料デー」は飢餓を完全に撲滅するという高い目標に私たちを向き合わせるもの、と述べた。

 「世界食料デー」の今年のテーマ、「未来は私たちが創る。より良い食料生産と栄養改善が、素晴らしい生活と環境につながる」は、環境への最大限の配慮と、手の届く適正価格を保証する食料に、すべての人がアクセス可能になるための、共同の行動の必要を明らかにしている、と教皇は記した。

 そして、「私たち一人ひとりが、人と地球のためになる食料システム変革における役割を担い、それぞれが自分の文化と経験、能力をもって自然保護に協力するよう招かれている」と強調した。

 多くの人が必要な栄養を得られない一方で、誤った食生活や習慣によって肥満の状態にある人も多くいるというパラドックスに触れながら、地球と人類の健康のために、あらゆるレベルで食料システム全体の再編が必要と指摘した。

 こうした中、特に農地、海洋、食卓、無駄の軽減の四つの分野で生産者を励まし、消費者に倫理的・持続可能性のある選択を促し、若者に世界の飢餓問題への関心を高めるための、緊急な対応を要望した。

 教皇は「自分の生活と簡単な行動から始めることが、飢餓撲滅という大きな目標への貢献につながり、私たちの「共通の家」を認識し守ることが、環境保護への第一歩となる」と述べ、「この問題に取り組むためには、市場の冷酷な論理を超え、連帯の論理を強化することが大切」と指摘した。(CJC)

海外一覧ページへ

海外の最新記事一覧

TO TOP