【CT】 クリスチャンはフェイスブックの混乱に心を痛めるべきか?  2021年11月3日

 今週、ソーシャルメディア大手の元従業員であるフランシス・ホーゲン氏の尽力により、多くのフェイスブック内部文書からの暴露が明らかになった。文書は、米「ワシントン・ポスト」紙が要約したように、組織が「自社のプラットフォームによって悪化した現実世界の害を非公開で綿密に追跡しながら、設計上の決定のリスクに関する従業員の警告を無視し、世界中の脆弱なコミュニティを危険なコンテンツの混合にさらしていた」ことを明らかにしている。「クリスチャニティ・トゥデイ」記事より紹介する。

 クリス・マーティン氏はムーディーズ・パブリッシャーズのコンテンツ・マーケティング・エディター。インターネット文化やソーシャルメディアが社会に及ぼす影響を研究している。彼は2月にB&H出版でこのニュースレターと同じ内容の書籍『サービスのための言語』を出版する。

 マーティン氏は、グローバル・メディア・マネージャーのモーガン・リー氏とエグゼクティブ・エディターのテッド・オルセン氏と共に、これらの文書が示す事実、フェイスブックを利用しているかどうかにかかわらず、私たち全員にとって何を意味するのか、そしてこのニュースに対する「キリスト教的」な反応の方法があるかどうかについて協議した。

【以下、「Quick to Listen」第286話より抜粋】

――フランシス・ホーゲン氏について、また、彼女が発表している重要な情報について教えてください。

クリス・マーティン(以下、マーティン) ひと言で言うと、彼女は元フェイスブックのプロダクト・マネージャーです。彼女はシリコンバレーのベテランです。フェイスブックの前には、ピンタレストやグーグルにもいたと思います。彼女は2021年5月にフェイスブックを退職し、何千、何万もの文書を持ち出しました。フェイスブックは、彼女がこのようなことをすべきではなかったとか、彼女に非があると主張しています。

 そのようなことについてのルールがどうなっているのか分かりません。しかし、彼女はフェイスブックの内情を詳述した何千もの文書をリークし、私たち一般市民やフェイスブックユーザーに、これまで謎に包まれていたこの場がどのように機能しているかを明かすことができました。シリコンバレーの企業の多くは、多くの知的財産を保護しているため、そのように感じていますが、フェイスブックの内部については、最高機密の一つです。

 フェイスブックやグーグルのようなシリコンバレーの企業では、人々はただ仕事をして暮らしているだけだと思われています。お手玉や無料の食事、犬を連れてきてもいいなど、あらゆる設備が整っています。これは、そこで働く人々がメールで投稿したもので、最も生々しいものの一つです。

 フェイスブックでよくある儀式はバッジ投稿で、ワークプレイスというフェイスブックの社内に投稿する人がいます。辞める際には、バッジの写真とフェイスブックで過ごした時間がどのようなものだったか、チームと一緒に働くことがどれだけ楽しかったかなど、ちょっとした心のこもった正直な話を投稿するのです。

 私の理解では、彼女が公開したフェイスブックの書類を見たことはありませんが、懸念事項の提起を拒否されたことなどについて残酷なまでに正直に語ったバッジの投稿を多く共有していたようです。

 フランシス・ホーゲン氏の最大の理由は、彼女が2週間前に議会の小委員会に出席したことと、今週、国会のどこかの委員会に出席したことです。彼女は、フェイスブックが社内の問題を投資家に知らせず、証券法に違反した可能性があると主張しています。これは良いことです。フェイスブックの元従業員が、会社が悪いと思ったからといって、無作為に議会の聴衆を集めることはできませんが、彼女は実際に証券取引法に違反したと主張しているのです。それが本当かどうかは、私は弁護士ではないので分かりませんが、今回の件はそれよりもはるかに広範で詳細なものです。

Photo by Souvik Banerjee on Unsplash

海外一覧ページへ

海外の最新記事一覧

TO TOP