デンマークの教会援助組織が報告書「気候によって引き起こされる損失と被害は過酷な現実」 2021年11月10日

 国連の気候サミット(COP26)にける交渉で、気候による損失と被害にどう取り組むかについて意見の不一致が続く一方で、多くの発展途上国の人たちは気候に関連した災害と日々苦闘している

 エキュメニカルな国際援助・開発・提言組織「ACTアライアンス」のデンマークの加盟団体である教会援助組織「ダン・チャーチ・エイド」(DCA)が11月8日に発表した新しい報告書「気候が脅威となる時:気候変動によって引き起こされるネパールの損失と被害の証拠」は、ネパールの三つの自治体にけるその状況を評価しているという。ACTアライアンスが同日、公式サイトで伝えた。

 それによると、これら三つの自治体は全て、気候変動に関連した二つの自然災害である、洪水か土砂崩れを経験してきたという。ネパールは脆弱で、溶けていく氷河と、温度や降雨量の増大の両方による被害を受けていると、ACTアライアンスは説明した。「このような山の多い国では、これが劇的な被害をもたらす」

 この報告書は、人々がいかにして自宅を離れるのを余儀なくされているか、そして水と土砂崩れがいかにしてその人々の財産や牧草地を破壊し、牛たちを殺してきたかを示している。これら三つの自治体はどれも国際的な支援を受けたことがなく、地元当局や市民社会の組織が緊急支援を少し行ったという。

 ところが、この支援は十分というにはほど遠く、全世帯の82%が、自宅を修復し建て直すために借金をしなければならなかったという。9%は自宅を永久に手放すことを選び、したがって気候によって引き起こされた避難民と呼ぶことができると、ACTアライアンスは述べている。

 ACTアライアンス議長のバージッテ・クヴィスト・ゾーレンゼン氏は言う。「この状況は悲劇的だ。これらの人々は地球温暖化をあまり助長してきていないのに、それと同時に気候変動がその人々の生活と生計にとてつもなく大きな被害をもたらした。これは不公平だ!気候によって引き起こされた損失と被害は地球規模で取り組まなければならないし、大きな汚染者たちは必要な支援を動員しなければならない」

 ネパールにあるダン・チャーチ・エイド事務所の気候行動顧問であるラジャン・タパ氏はこう語った。「この評価書が示しているのは、人々が自宅から立ち退きを余儀なくされ、一部の人々は決して帰らないことを選んだということだ。これは悲しいが、気候変動がこれらの社会に脅威をもたらし続けることからすれば、理解できる。洪水や土砂崩れの危険性を減らすための適応策がなければ、これらの自治体が似たような災害に直面し続ける可能性があり、さらに多くの気候によって引き起こされる損失と被害につながる」

 「これらの貧しい家族が復興のために借金をしなければならないなんて不公平だ」とタパ氏は続けた。「これによって借金の重荷がその家族の上にのしかかることになる。利息付きで返済しなければならないからだ。現場で気候変動に直面している人々を支援するために、先進国から、損失と被害の資金が本当に必要なのだ」

 この報告書は、これら三つの自治体での調査に基づいて、さまざまな知見を強調している。強調点に含まれているのは次の点である:

*ネパールでは経済及び非経済の両方にける損失と被害が非常にはっきりしてり、共通の関心となっているとともに、気候正義の問題にもなっている。

*この研究が網羅したのは限られた数の世帯ではあるものの、これら三つの自治体で面接を受けた人たちの経済的損失の全額は非常に高く、よそ388,355米ドル(約4350万円)となってり、一世帯あたりの平均損失額はよそ4178米ドル(約47万円)である。

*立ち退きはとても大きな問題である。大多数の人々は帰ってくるが、9%は永久に引っ越した。

*被災者たちの大多数(82%)は災害の後に再定住するために借金を余儀なくされた。

*これらの村々はどこも国際的な支援を受けてらず、地方政府や地元の組織に頼らなければならなかった。ところが、その村々が受けた支援は十分ではなく、受け取った支援では一世帯あたり平均で1000米ドルから13500米ドルが適用されていない。

*被災した社会の保険の適用範囲がとても狭く、国際的な支援が受けられてらず、対応は地元の行為主体からきたものである。これは地元主導の率先した力がとても重要であることを示している。

 「気候によって引き起こされた損失と被害は、国連の交渉にいて困難な問題となり続けてり、そこでは先進国が支援の拡大の必要性に取り組むのを渋っている。ACTアライアンスとして、私たちは損失と被害の資金と、気候変動の過酷な被害に直面している脆弱な社会への支援を求める呼びかけを続けていく」と、クヴィスト・ゾーレンゼン氏は結んだ。


 報告書の英語全文は以下。
https://actalliance.org/…/2021/11/LD_Final_DCANepal-RS.pdf
https://actalliance.org/act-news/climate-induced-loss-and-damage-is-a-harsh-reality-in-nepal-press-release-cop26/

(エキュメニカル・ニュース・ジャパン)

海外一覧ページへ

海外の最新記事一覧

TO TOP