前教皇 教会の性的虐待で「何も行動を起こさなかった」と批判される 2022年1月21日

 ロシアの「スプートニク通信」が伝えるところでは、前教皇ベネディクト16世が、ミュンヘン大司教時代に教会の性的虐待加害者に対して何も行動を起こさず、聖職者による子どもへの性的虐待が疑われる四つの事件で聖職者に対して措置を講じなかったとして批判された。

 ミュンヘン大司教区の依頼で1945年から2019年までに同大司教区で起こった虐待事件を分析した法律事務所WSWの報告書によると、少なくとも497人の子どもが虐待を受けた。WSWは、誰が虐待を知っていたのか、またそのような行動を防止するために聖職者がどのような措置を講じていたかも調査した。

 報告書では、1977年から82年までミュンヘン大司教を務めた前教皇ベネディクト16世(本名=ヨーゼフ・ラッツィンガー)が注目されている。ベネディクト16世の在任中、ペーター・フラマンという小児性愛者の司祭が、エッセンからミュンヘンに異動してきた。フラマン司祭はエッセンで11歳の少年を虐待した疑いが持たれていたが、ミュンヘンでも司祭に任命された。

 弁護士のマーティン・プッシュ氏は、WSWは四つの事件について、ベネディクト16世が虐待に目をつぶっていたということで意見が一致したと述べた。

 改革を訴えるカトリック団体『私たちは教会』はベネディクト16世に対し、ミュンヘン大司教時代に起こったことの責任を取るよう求めた。(CJC)

Pope_Benedict_XVI_Blessing.jpg: Rvin88derivative work: Jüppsche - Pope_Benedict_XVI_Blessing.jpg, CC 表示 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=14930801による

海外一覧ページへ

海外の最新記事一覧

TO TOP