アプリで聖書を毎日読むための四つのハックをご紹介 2022年2月4日

 最大のオンライン及びモバイル聖書プラットフォームが、2022年により継続的に聖書を読むための四つのライフハックを共有した。毎年1月は、今年こそ聖書をもっと読もうと決意する人が多く、人気の聖書アプリ「ユーバージョン」のエンゲージメントが急増する。今年も1月1日だけで110万以上のバイブルプランが登録されたという。「プレミア・クリスチャン・ニュース」が紹介した。

 こうした目標はいつも意気揚々と設定されるが、ある調査によれば、ほとんどの決意が2月中旬までに挫折することが分かっている。では、成功した人たちは、どのような方法で目標を達成したのだろうか。ジェームズ・クリア氏は、著書『アトミック・ハビッツ』の中で、「すべての偉業は、小さな始まりから生まれる」と述べている。あらゆる習慣の種は、単純で小さな決断なのだ。「しかし、その決断が繰り返されることで、習慣は芽を出し、より強く育っていく」

 健康的な習慣の作り方をシンプルに説明することで、一見不可能に見える目標も達成可能なものに感じられるようになる。そこで質問。2022年は、年間を通して毎日聖書に触れる初めての年になるだろうか? 2月中旬が近くなっても、はずみをつけて新しい習慣を継続するために、「ユーバージョン」の最高のヒントで乗り切ってほしい。以下は、「ユーバージョン」の聖書への取り組みに関する四つのライフハックである。

1.あなたの習慣を積み重ねる

 新しい習慣を作る最も簡単な方法は、すでに一貫して行っていることとリンクさせること。もし、あなたが朝一番にスマホに手を伸ばすのであれば、「ユーバージョン」の「今日の聖句」を思い出してみてほしい。新しい習慣とすでに確立された習慣を組み合わせると、新しい習慣はより「粘り強さ」を増す。

 ヒント:「ユーバージョン」を最初に見るアプリにし、スマホの「今日の聖句」ウェジェットを有効にすることで、「今日の聖句」にすぐにアクセスできるようにしよう。

2.一貫性を目指す

 習慣を身につける最良の方法は、とにかく始めてしまうこと。始めたら、聖句を読んだり聞いたりする時間の長さにこだわらず、ただ定期的に行うことだけに集中しよう。2月1日から始まる「ユーバージョン」の21日間チャレンジに参加し、聖書を読む習慣を身につけよう。自分の都合の良い時間を選び、毎日リマインダーを設定することで、神のみ言葉に触れる時間を確保することができる。

 ヒント:「ユーバージョン」のホーム画面であなたの聖書ストリークを表示することにより、勢いを維持する。計画、祈り、日々の暗証聖句を設定することができる。

3.接続を維持する

 聖書の習慣を継続させるチャンスを増やしたいなら、友だち機能を使おう。「ユーバージョン」の調べでは、アプリ内に1人でも友だちがいると、聖書に取り組み続ける確率が16%高くなるという。友だちとのプランは、聖書を学ぶ習慣を継続させるためにシンプルで簡単な方法を提供する。「ユーバージョン」には何千ものプランがあるので、興味のあるプランを選び、友だちと一緒に始めてみよう。各プランの1日の終わりには、発見したことについて友だちとチャットするためのスペースが与えられる。

 ヒント:誰とでもプランを始められる。プランのリンクをSNSで共有するか、アプリ内で誰かとプランを共有するだけ。プランを選択し、画面の指示に従って友だちを招待しよう。

4.新しい感覚にする

 聖書の読み方がマンネリ化してしまうのは、していることがあまりにもありふれた行為に感じられるから。そんな時は、聖書との関わり方を変えてみよう。いつも聖書を読んでいる人は、「オーディオバイブル」を聞いてみてほしい。ある特定のバージョンで聖書を学ぶことが多いなら、1カ月間、別のバージョンに変えてみて、何か新しい発見があるかどうか試してみよう。また、短期間の聖書プランを購読して、毎週焦点を変えることもできる。「ユーバージョン」のデータでは、より短いプラン(4、5日程度)の方がより高い完了率を示している。

(翻訳協力=中山信之)

Photo by Worshae on Unsplash

宣教・教会・神学一覧ページへ

宣教・教会・神学の最新記事一覧

TO TOP