教皇フランシスコ、モスクワ総主教キリル1世とビデオ会談 2022年3月20日

 教皇フランシスコは3月16日、モスクワ総主教キリル1世とビデオを通して会談した。「バチカン・ニュース」が報じた。

 バチカンのマッテオ・ブルーニ広報局長によれば、この会談には、教皇庁キリスト教一致推進評議会議長クルト・コッホ枢機卿と、モスクワ総主教庁渉外局長イラリオン府主教も同席した。

 会談では、ウクライナでの戦争と、平和を優先するためのあらゆる努力におけるキリスト教信者とその司牧者の役割が中心テーマとなった。教皇は、停戦のために司牧者として平和の道を示し、平和の賜物を祈りたいとの思いによって実現したこの会談を、キリル総主教に感謝。「教会は、政治的な言語を話さず、イエスの表現を用いる」「我々は、神、聖霊、神の母において同じ信仰を持つ聖なる民の司牧者である。それゆえに平和を推進し、苦しむ人を助け、平和の道を求め、戦争を止めるための努力において一致すべきである」ことに、総主教と同じ考えを示した。

 教皇と総主教は共に、現在進行中の和平プロセスの特別な重要さを強調。教皇は「なぜなら、戦争の犠牲を払うのは人々であり、ロシア兵であり、爆撃されて亡くなる市民である」とし、「司牧者として、我々には戦争に苦しむすべての人に寄り添い、助ける義務がある。我々の教会にも、かつて聖なる戦争、正しき戦争などと語る時代があった。しかし、今は違う。平和の大切さをめぐるキリスト教的意識が広がった」と語った。「教会は平和と正義を強めることに貢献するよう召されている」ことに、教皇は総主教と意見を一つにした。

 最後に教皇は、「戦争は常に正しくない。なぜなら犠牲者は神の民だからである。我々の心は、子どもたちや、殺された女性たちや、すべての戦争の犠牲者を前に、涙を流さずにはいられない。戦争は決してとるべき道ではない。聖霊が我々を一致させ、司牧者として戦争に苦しむ人々を助けるようにと命じている」と話した。(CJC)

ניר חסון Nir Hason - ניר חסון Nir Hason, CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=33333479による

海外一覧ページへ

海外の最新記事一覧

TO TOP