日本カトリック映画賞に『梅切らぬバカ』 「生きづらい世界を生きていく『ちから』に」 2022年4月26日

 シグニスジャパン(SIGNIS JAPAN=カトリックメディア協議会、土屋至会長)は4月15日、2021年度の「日本カトリック映画賞」を、和島香太郎監督の映画『梅切らぬバカ』(ハピ ネットファントム・スタジオ配給)に決定したことを発表した。

 「日本カトリック映画賞」は、前の年の 12月から次の年の 11 月までに日本国内で制作・公開された映画の中からカトリックの世界観と価値観にもっとも適う作品を選んで 贈られるもので、今年で 46回目を迎える。近年では、『この世界の片隅に』(片渕須直監督)、『ボケますから、よろしくお願いします。』(信友直子監督)、『こどもしょくどう』(日向寺太郎監督)、『コンプリシティ/優しい共犯』(近浦啓)などに贈られてきた。

 今年度の受賞作『梅切らぬバカ』は、50 歳を迎えようとする⾃閉症の息⼦を持つ⺟親が、社会の中で生きていく様を温かく誠実に描いたもの。主演の母親を演じるのは、54年ぶりの主演となる加賀まりこ。息子役にはNHK連続テレビ小説「おちょやん」など俳優としても活躍中のお笑いコンビ「ドランクドラゴン」の塚地武雅が務めている。地域コミュニティとの不和や偏見といった問題を取り入れながらも、親子の絆と深い愛があたたかな感動をもたらす。

 今回の選考にあたっては、「このコロナの時代にあ って映画に何ができるのか、映画賞選定することにどんな意味があるのか?」という思いと、「人を遠ざけるこんな時代だからこそ観たい〝人と人をつなぐ〟 映画があるはず」という思いがあったという。映画『梅切らぬバカ』は、そんな葛藤の中で出会った作品だったと話し、受賞理由を次のように明かす。

 老いてゆく母親と自閉症の息子そして隣人たちの物語。は じめは、親子に「関わるつもりはないから」と言っていた隣人がいつしか「ともだち」 になっていきます。「関わるつもりはない」人と「ともだち」になる。これこそが、生きづらいこの世界を生きていく「ちから」になり得ることをこの映画は見事に描いてい ます。今の世界に必要なのは血縁でもなく、福祉でもなく、人間が助け合う基本構造としての「ともだち」であることを伝える優れた作品として評価されました。

 5月21日(土)にカトリック浅草教会(東京都台東区)で授賞式および和島監督と晴佐久昌英神父(シグニスジャパン顧問司祭)との対談が行われる。

 映画『梅切らぬバカ』は、4月11日より動画配信サービス「U-NEXT」で独占配信中。通常版での配信に加え、映像の視覚情報を言葉で届ける「バリアフリー音声ガイド」、映像の音が伝えている情報を文字にして表示する「バリアフリー日本語字幕」の三つの視聴方法から選択できる(各660円・税込/視聴方法ごとにレンタル料が発生/視聴ページ https://video.unext.jp/title/SID0067916?rid=PR00680)。

 シグニスジャパンは、放送、映画、視聴覚メディアに携わるカトリックの国際的な団体であるSIGNIS(世界 カトリックメディア協議会=本部・ブリュッセル)の日本組織。映画、テレビ・ラジオ、インターネットなど様々なメディアを通して福音を宣べ伝える活動をしており、この日本カトリック映画賞は1976年から始まった。また、2003年からは毎年2回ずつ、「インターネットが拓く新・福音宣教」をテーマとするセミナーも開催してる。

©2021「梅切らぬバカ」

映画・音楽・文化一覧ページへ

映画・音楽・文化の最新記事一覧

TO TOP