【教会では聞けない?ぶっちゃけQ&A】 牧師と結婚したら仕事を辞めるべき? 山下智子

Q.牧師と結婚したところ、会社で働き続けることを教会から反対されてしまいました。教会にそんな権限があるのですか。(30代・女性)

 「権限があるのか」を問われるならば「そんな権限はない」とお答えすべきでしょう。実際、牧師の連れ合いに対して、「私たちの教会はあなたの妻(または夫)を牧師として招聘したのですから、あなたは信徒の一人です。聖日礼拝や教会の交わりを他の信徒同様大切にしていただいた上で、どうぞ自由に働いてください」などという教会もあるようです。

 しかし、牧師は普通の会社員とは少し異なる職業です。教会の交わりはよく信仰により結ばれた家族だと表現されます。ですから、教会ではお互いを姉や兄と呼んだりもしますね。そして牧師とは、この教会の交わりが本当にイエス様を中心とし、愛にあふれ、豊かに成長する交わりであり続けるために専ら仕える役割を神さまから与えられています。

 もしかすると、あなたはこのことについて十分考える機会がないまま結婚され、それで戸惑っているのではないでしょうか。結婚は本人同士の問題です。しかし、多くの私たちとって家族の存在は大きいですから、結婚すれば双方の血縁と関わりは無視できるものではありません。同じように、結婚を機に教会という信仰による家族との関わりについても、改めて考えてみた方がよいことがあったのかもしれません。特にあなたの場合は、パートナーが教会で大きな役割を担う牧師ですからなおそうだったのでしょう。

 とはいえ、「人が独りでいるのは良くない。彼にふさわしい助け手を造ろう」(創世記2章18節)とあるように、私たちが神さまから大切な誰かとの出会いを与えられ、その人と共に夫婦として生きるよう導かれるのは、お互いに助け合うためです。このこともあなたひとりで悩むことではないでしょう。どうぞ、お連れあいとよく話し合ってみてください。夫婦であれ、教会であれ、人と人とを結びつけるのは愛です。まず愛し合うお二人から「相手の権限の有無」ではなく、「自らの愛の有無」を問題にする歩みが始まりますよう期待します。

*本稿は既刊シリーズには未収録のQ&Aです。

 やました・ともこ 福島県生まれ。同志社大学大学院神学研究科博士課程(前期)修了、サンフランシスコ神学校留学。日本基督教団弓町本郷教会伝道師、日本基督教団会津若松教会を経て、2008~17年、新島学園短期大学宗教主任・准教授。2018年より同志社女子大学宗教主任・准教授。著書に『こひつじたちのあいうえお』(日本キリスト教団出版局)、『新島八重ものがたり』(日本キリスト教団出版局)、編著書に『群馬のキリスト者たち』(聖公会出版)など。

連載一覧ページへ

連載の最新記事一覧

TO TOP