【訃報】 福井達雨さん(止揚学園創立者) 2022年9月6日

ふくい・たつう

 9月6日、急性心筋梗塞のため滋賀県の自宅で逝去。90歳。葬儀は9月8日、近親者のみで行った。喪主は長男の義人さん。

 1932年滋賀県生まれ。1956年、同志社大学神学部を卒業。学生時代より障害児の教育と差別問題に取り組む。1958年、大阪基督教学院で、教育心理学を専攻。1962年、多くの人の協力により、重い知能障害をもつ子どもの施設、止場学園を設立する。中日新聞社会福祉賞、京都新聞社会福祉賞、小原教育賞、毎日社会福祉顕彰を受賞。「キリスト新聞」でも「論壇」を執筆。

 著書に『アホかて生きているんや』(教文館)、『子どもの笑顔を消さないで』『子どもの心に燃える火を』(日本キリスト教団出版局)、『おばあちゃんをすてちゃいやだ!! パキスタンのむかしばなしより』(偕成社)、『春は空から ぬくもりエッセイ』『見えないものを 愛は損をすることです』『小さなことに大きな愛を』『見えない言葉が聞こえてくる』(いのちのことば社)、『僕アホやない人間だ2』(海竜社)、『生きるってうれしいなぁ』(福音社)ほか多数。

 

社会・教育一覧ページへ

社会・教育の最新記事一覧

TO TOP