教皇、ロシアとウクライナ両大統領に停戦をアピール 2022年10月4日

 「バチカン・ニュース」(日本語)によると、教皇フランシスコは10月2日、バチカンで日曜正午の祈りを信者と共に唱えた。教皇は、ウクライナにおける戦闘の激化に憂慮を表し、ロシアとウクライナ両国大統領に停戦をアピールした。

 教皇は、「この恐ろしく理解不能な戦争は収まるどころか、流血の事態を増大させながら、さらに広がろうとしている」と重大な懸念を表明。ここ数カ月に流された人々の血と涙、子どもたちをはじめとする無数の犠牲者に心を痛めていると述べると共に、大規模な破壊により飢えや寒さにさらされる多くの人や家族に思いを寄せた。

 「ある種の行為は決して正当化できるものではない」「ブチャや、イルピン、マリウポリ 、イジューム、ザポリージャなど、言葉では言い表せない苦しみと恐怖の地となった土地の名前を通して、世界がウクライナの地理を学んでいるのは悲痛なこと」「さらには人類が再び核の脅威に直面していることはもってのほか」と述べた。

 「この後、何が起きようとしているのか。戦争は決して解決ではなく、ただ破壊だけと知るからには、これからもいったいどれだけの血を流さねばならないのだろうか」と問いながら、教皇は神の名とすべての人の心に宿る人間性の名のもとに、即時の停戦をアピール。教皇は、国際法の原則に反する行為によってもたらされた最近の深刻な状態に深い遺憾の念を表明した上で、「このような状況は核によるリスクを増大し、コントロール不可能な世界レベルの大災害を引き起こしかねない」と警告した。

 ロシア連邦大統領に対し、この暴力と死の連鎖を、自国民への愛のためにも、止めるよう訴えると同時に、ウクライナ国民が攻撃によって受けた膨大な苦しみを深く悲しみ、ウクライナ大統領に対しても、平和のための真剣な提案に心を開くよう信頼をもって呼びかけた。

 加えて教皇は、国際社会や各国の責任者らに、危険なエスカレーションに巻き込まれることなく、この戦争を終結させ、対話の取り組みを推進・支援するための可能な限りの努力を望み、「若者たちに、狂気である戦争に汚染された空気ではなく、平和の健全な空気を呼吸させよう」とアピールした。

海外一覧ページへ

海外の最新記事一覧

TO TOP