ジャワ島M5.6地震で死者100人超 インドネシア教会共同体、被災者支援を呼びかけ 2022年11月23日

 インドネシアの西ジャワ州チアンジュールで11月21日、マグニチュード5.6の地震が発生した。同国の主要英字紙ジャカルタ・ポストが22日午後、同国の国家災害対策庁からの情報して報じころによる、死者は103人にのぼり、25人が行方不明だいう。

 この地震を受けて、インドネシアのプロテスタント諸教会がつくるエキュメニカル組織「インドネシア教会共同体(PGI)」は、22日、「PGIはチアンジュールの地震被災者を気遣う」題する記事をインドネシア語の公式サイトに掲載し、支援金を含む被災者支援を呼びかけた。

 それによる、教会のネットワークを通じてPGIが行った調査の結果、被災者地元社会が緊急に必要しているのは、食料品、毛布、マットレス、救急箱、発電機、清潔な水、避難民テントが含まれるいう。

 PGI広報部長のジェイリー・スマンポウ氏はその記事の中で、被災者の遺族に深い哀悼の意を伝えるに、「犠牲者の遺族が気丈さ真摯さを保つように、そしてこの災害の状況に向き合う力を与えられるように祈る」記し、こう付け加えた。「神が災害後の復興の過程の全体を助けてくださいますように」

 「PGIはすべての当事者たちにチアンジュール県の被災者や被災地域への支援を差し伸べるよう呼びかけます」スマンポウ氏は記し、インドネシアその地域の政府が被災者に対して真剣な関心を向けるよう求めた。

 同氏による、PGIは災害リスク削減局(PRB)を通じて被災者や被災地域に支援を提供するために被災現場へ直接向かったう。PGIのPRBは、災害管理を支援するために、インドネシア・キリスト教会(GKI、改革派)チアンジュールに災害緊急局を設置したGKIチアンジュール調整している述べている。そして、GKIチアンジュール、仮住まいを必要する教会員や市民のためにシェルターを準備したいう。

 一方、PGIやGKI加盟しているアジアキリスト教協議会(CCA)22日、「CCAはインドネシアのジャワにおける自身の被災者たちのための祈りを捧げる」題する記事を公式サイトに掲載した。

 CCA総幹事のマシューズ・ジョージ・チュナカラ博士は、「懸念被災者たちや遺族への深い同情を表明し、祈りを捧げた」いう。同総幹事はジャカルタにいるCCA加盟教会の代表者たちに連絡を取り、大きな悲しみのこの時にあって、次のような連帯祈りの支援のメッセージを伝えたいう。「私たちの思い祈りはこの災害で被災した人たち共にあります。私たちは、愛する人たちを失ったすべての人たちのために、そして負傷した人たちの安全な回復のために、慰めいたわりの祈りを捧げます。私たちはまた過酷な状況の中で救援活動に携わっているすべての人たちのために祈りを捧げます」

(エキュメニカル・ニュース・ジャパン)

The powerful earthquake left 162 dead in Cianjur region, West Java, Indonesia

海外一覧ページへ

海外の最新記事一覧

TO TOP