前教皇ベネディクト16世が残した「複雑な遺産」とは? 2023年1月6日

 ここ600年の歴史で初めて「生前退位」した名誉教皇ベネディクト16世は、新しいミレニアムへの道を開いたが、伝統的なカトリックの見解と「相対主義の独裁下にある」と彼が考える世界との調和に苦闘していた。「レリジョン・ニュース・サービス」が報じた。

 バチカン(ローマ教皇庁)は、名誉教皇の遺体は1月2日にサン・ピエトロ大聖堂に運ばれると発表。教皇フランシスコは簡素で厳かな葬儀を執り行う予定だという。

 ベネディクトは、2005年に仲間の枢機卿によって初のドイツ人ローマ教皇に選出される以前から、前任のヨハネ・パウロ2世教皇の下で信仰教義会総長としてカトリック神学と思想に消えない足跡を残してきた人物である。その厳格で保守的な教会の教えや規律の解釈から、「神のロットワイラー(ロットワイラー=ドイツ犬)」と呼ばれ、友人たちが描く内気で内向的、芸術を愛する人物像とは対照的であった。

 彼の死によって、バチカンに2人の教皇が住むという複雑な状況に終止符が打たれた。これは、近代において、もう1人の教皇が権力を握っている間に死亡した初めてのケースであり、後継者を選出するためのコンクラーベの必要性はさておくことになる。

 ベネディクト16世は晩年をバチカンで過ごし、都市国家の城壁内にある修道院に住み、少数の側近や支援者に囲まれて、比較的孤独に過ごしていた。教皇フランシスコと一緒に公の場に姿を現したのは数回だけだった。

 2005年のコンクラーベでベネディクト16世となったラツィンガー枢機卿は、30年近くにわたる教皇職でカトリック教会を超えた影響力を持ったカリスマ、ヨハネ・パウロ2世の後継者という課題に直面することになった。

 ヨハネ・パウロは、共産主義の敗北と鉄のカーテンの崩壊に一役買ったとされている。その人気とポーランドの迫害された教会での経験を通じて、カトリック教会に深い保守性をもたらし、共産主義の危険性や世俗主義という迫り来る大きな脅威と闘う覚悟を持たせた。

 ベネディクトは、世俗化に反対する保守的な姿勢を継承しつつ、学者としての資質も備えた人物と見なされた。神学者で「Light of Reason, Light of Faith, Joseph Ratzinger and the German Enlightenment(理性の光、信仰の光、ヨセフ・ライツィンガー、ドイツの啓蒙)」の著者モーリス・アシュレイ・アグバウ・エバイ牧師によれば、彼がベネディクトという名前を選んだのは、特に教会の古巣ヨーロッパでの信仰を呼び覚ましたいという願いが込められているという。

 「象徴的な感覚と気質を持つ人物にとって、ラツィンガーが『ベネディクト』(ベネディクトは6世紀のイタリア修道士、ベネディクト修道会を創設)という名前を選んだのは、イエス・キリストの福音のメッセージの提案によってヨーロッパと西洋に再び関わりを持ちたいという、プログラムに基づいたものだった」。アシュレイ・アグバウ・エバイ氏は レリジョン・ニュース・サービスへの取材に対し、こう語る。「ベネディクトは、理性と愛が、西洋が求め、欲する自由のためのより良い基盤として機能することができると信じていた」

 教皇ベネディクト16世は教皇就任早々、伝統的な5年の待機期間を免除して、ヨハネ・パウロの列福手続きを開始した。ベネディクト16世の最初の回勅である教皇庁公式文書「Deus Caritas Est(神は愛なり)」の半分は、ヨハネ・パウロの不完全な文章を利用して書かれたものである。

 また、ベネディクトは2005年に教皇に選出された後、前任者に敬意を表している。「親愛なる兄弟姉妹たち、偉大な教皇ヨハネ・パウロ2世の後、枢機卿たちは主のぶどう園で働く単純で謙虚な労働者である私を選出したのです」と述べた。「主は不十分な道具でも働き、行動する方法を知っておられるという事実が私を慰め、何よりも皆さんの祈りに自分を委ねます」

 1927年4月16日に生まれたベネディクトは、1951年に故郷のドイツ・バイエルンで司祭に叙階され、すぐにハンス・ウルス・フォン・バルタザールやアンリ・ド・ルバックといった20世紀のカトリック神学者に影響を与える輪に入った。

 当初は、教会改革のための新しい思想をもたらした新神学の進歩的な神学的潮流に惹かれた。

 教皇ヨハネ23世が教会改革のために招集した第二バチカン公会議に参加し、ラツィンガーも少年時代に経験したナチス政権下でユダヤ人のために弁護をしたドイツのヨゼフ・リチャード・フリングス枢機卿の神学顧問として働いた。スーツを着た若いラツィンガーは、当時、改革者とみなされ、公会議に出席していた最も進歩的な神学者たちと密接に働いていた。

 しかし、1968年の性・文化革命により、ラッツィンガーの進歩的傾向は終わりを告げ、保守的な考え方に変化していった。1977年にミュンヘンとフライジングの司教に任命され、同年枢機卿になった後、1981年にバチカンに行き、カトリック教会の神学・教義上の重要事項を扱う信仰教理会(現信仰教理修道会)の総長の任に就いた。

 本好きのラッツィンガーがこのような重要な役職に就くことを嫌がったので、ヨハネ・パウロは何度も頼み込んでラッツィンガーを引き受けさせた。ローマに行った後も、バチカン図書館で働くために教皇に解任を願い出たが、拒否された。

 ミュンヘンでの短い司教時代は、2022年1月の報告書で、司祭による虐待を隠蔽したと告発され、数年後に彼を苦しめることになった。ベネディクトは公開書簡で性的虐待と隠蔽を非難する一方で、不正を否定した。

 ラツィンガーは、総長として生命問題、セクシュアリティ、同性愛について、伝統的なカトリックの見解を支持した。彼は「根深い同性愛の傾向」を持つ男性が神職に就くことを禁止する規則を承認した。また、聖職者による性的虐待の告発を監督する責任も負い、それは彼の管轄下にあった。

 2002年、ボストン・グローブ紙が多数の神父が児童を虐待していると報じ、世界的に話題になると、「De Delicti Gravioribus(より深刻な犯罪について)」という書簡を発表し、性的虐待に関するものを含むバチカン文書の機密を保持するよう命じた。この書簡は後に、米国で起きた聖職者虐待事件における「司法の妨害」と批判された。2005年、ベネディクトは虐待で告発されたセミナー生をめぐるテキサス州の訴訟で名前を挙げられた。米国内の政府関係者は、彼に免責特権を与えるべきだと主張した。

 しかし、ラツィンガーはCDF(信仰教理会)に在任中、バチカン初の聖職者虐待対策に着手し、児童ポルノに対処するために典拠法を拡張、時効を免除する可能性を高め、罪を犯した神父を還俗させる手続きを加速させた。

 教皇に選出されたベネディクトは、「Legion of Christ」とその創設者である元神父で小児性愛者のマルシャル・マシエルについて調査を開始し、後にマシエルを還俗させて「悔悛と祈りの生活」に退かせた。

 ベネディクトは、世界を飛び回る前任者よりも訪問国数は少なかったが、アメリカ、オーストラリア、アフリカ、中東への訪問は多くの観衆を魅了した。ベネディクトはしばしば芸術を媒介として、訪問先の国や地域社会との対話を促進した。

 また2度のアフリカ訪問とシノドス会議後の勧告『Africae Munus』において、アフリカの文化的価値に対する明確な賞賛を示している」とアシュレイ・アグバウ・エバイ氏は述べている。「アフリカの視点から見ると、ベネディクトの教皇職は文化と霊性の教皇職、すなわちアフリカにおいて民族の壁を取り払い、愛と和解を育むことを求めるキリスト中心、聖体的霊性と読むことができる」

 ベネディクトは、その強い霊性、召命(聖職者)の多さ、若い人々の多さから、アフリカを「教会の肺」と呼ぶこともあった。彼はアフリカ人をバチカンの役職に任命し、アフリカ諸国とローマの結びつきを強めた。

 「ベネディクトは教師であり、より広がる教会にとって、彼の教皇職はキリスト教の基本に立ち返るコースだったと思う」と、米国のジャーナリストで『バチカン日記』の著者であるジョン・テイヴィス氏は言う。「ヨハネ・パウロ2世のもとで四半世紀以上にわたる奉仕活動を行った後、ベネディクトのもとで教会は、自分たちが何を信じ、何を教えているのか、内側に目を向けたのだ」テイヴィス氏は言う。「ベネディクトは、世界と関わる前に、キリスト教徒が自分たちの信仰をより明確に理解する必要があると考えたのだろう」

 ベネディクトは、プロテスタントや正教会とのエキュメニカルな対話の促進には成功したが、イスラム教徒やユダヤ教徒との宗教間対話の促進には失敗した。

 2006年9月、ベネディクトはかつて在籍したドイツのレーゲンスブルク大学で、イスラム教の預言者ムハンマドが「悪と非人間的なもの」しかもたらさなかったとする14世紀の皇帝の言葉を引用して演説し、イスラム教徒を激怒させた。

 2007年にベネディクトが三位一体のミサを認めると、ユダヤ人団体から反ユダヤ的な表現が典礼で用いられていると反発を受けた。

 2009年、ベネディクトは、1988年に論争となったフランスのマルセル・ルフェーブル大司教が違法に叙任したホロコースト否定派の英国人伝統主義者、リチャード・ウィリアムソンの破門を解除したことを謝罪した。

 ベネディクトは教皇として、バチカンの無秩序でスキャンダルにまみれたオフィスを一掃することにも失敗した。「Inside the Vatican」の著者でレリジョン・ニュース・サービスのコラムニストのトーマス・リース牧師によると、ベネディクトの「公的な失敗は、より幅広いアドバイザーに相談しなかったことが原因」だという。

 2012年に発覚したVatileaksスキャンダルは、教会運営の腐敗や財務の透明性の欠如を示す手紙やその他の文書を明るみに出し、バチカン内の派閥争いや政治的駆け引きにますます圧倒される教皇の姿を明らかにした。

 2013年2月11日、ベネディクトはラテン語で枢機卿たちを前に演説し「心身の強さの欠如」を理由に辞任を発表した。彼は名誉教皇の称号を得、バチカンのマーテル・エクレシアエ修道院の人目につかないあずま屋に住み続けた。晩年は、愛犬の色とりどりのタビー猫と一緒にピアノを弾きながら、執筆活動に励んだ。

 過去と現在を行き来する教皇は、性的虐待への対応の基礎を築き、より平凡な例では、教皇初のツイッターアカウントを創設するなど、新世紀の教会への道を切り開いた。

 しかし、彼は信仰と理性の一致を基礎とする伝統的なカトリックの見解と、「相対主義の独裁下にある」と考える世界との調和に苦悩する。深く固まった信念にしがみついていながら、彼は「辞任」により新たな衝撃を未来に与えた。

 ローマのオプス・デイ大学サンタ・クローチェ校の教授で、カトリック関係のメディア・コメンテーターであるジョン・ワック氏は、「ベネディクト16世は、私たちが最も理解していない教皇かもしれない」と言う。

 「彼は革命家だったが、そのやり方は成し遂げるのは難しく、見逃しがちな方法だった――彼は大胆に、愛らしいほど慎ましかった」。このことは、前例のない辞任という、過去数世紀におけるローマ教皇の中で最も革命的な行為によって明らかにされた。伝統への反抗は以下の言葉の形をとる。「それは私についてのことではない。ヨセフ・ラッツィンガーがいなくとも教会はやっていける」。

(翻訳協力=中山信之)

海外一覧ページへ

海外の最新記事一覧

  • 聖コレクション リアル神ゲーあります。「聖書で、遊ぼう。」聖書コレクション
  • 求人/募集/招聘