【雑誌紹介】 イエスの弟子は男だけ? 『福音宣教』5月号

 聖書学者の山口里子が連載「イエスが出会った女性たち」(2)「ヤッファのタビタ」で≪キリスト教界では20世紀後期になるまで、イエスの弟子は男だけだったと思われてきました。ここのテキストを見落としていたのでしょうか。ただ、聖書を読んでいると女性の姿が見えにくいことは確かです。……聖書は、へブル語(旧約)もギリシャ語(新約)も男性中心言語で書かれています。 この言語では、言葉の「標準形=男性形」です。ですから男性のことだけでなく、いろいろな人々(可能性・要素)が混ざっている場合も「標準形=男性形」が使われました。女性だけのことを書く時のみ「女性形」が使われたのです。……ですから「神」「人」「弟子」などは「標準形=男性形」で書かれており、「男性形だから男」ということにはなりません。20世紀後期にこのような男性中心言語の特徴が認識されたことで、「イエスの弟子は男だけだった」というのは誤認識だったと知らされました≫と。

【本体500円+税】
【オリエンス宗教研究所】

書籍一覧ページへ

TO TOP