【新刊】 『迷える社会と迷えるわたし――精神科医が考える平和、人権、キリスト教』 香山リカ

 長く教会に通いながらも「受洗」までには至らず、精神科医の観点からキリスト教について考え続けた著者。現代社会が、そして自らが求めているものは何なのか……。同じく「迷える」人々へ贈る著者初のキリスト教本。

香山さん、まだ洗礼を受けないんですか?」

 誰か私に教えてほしい。
 もし私がクリスチャンになって、平和や人権を説いて、誰かから「あなたクリスチャンだからそんなことを言うんでしょう?」と聞かれたときに、「そう、神さまを信じてますよ」と答えた後、なんと続けるべきなのか。「神さまの教えに従って、平和や弱者の人権の話をしています。だから、あなたもいっしょに聖書を読んで、神の平和について考えましょう」と言うべきなのか、それとも「クリスチャンであることと、ここで平和のお話をしたこととは関係ありません。あなたもクリスチャンじゃないままでよいから、平和な社会にできるよう、いっしょに考えましょう」と言うべきか。(「はじめに」より)

【目次】

はじめに

「教会と癒し――精神科医として、個人として、教会に求めること」
 (雑誌「ミニストリー(Ministry)」創刊1周年セミナー講演/2010年7月19日)

「現代人のメンタルを救うのは誰か――医療、経済、宗教を考える」
 (聖学院大学総合研究所主催キリスト教カウンセリング研究講演会/2017年2月17日)

「『こころ』の時代の正義と平和」
 (カトリック正義と平和協議会講演/2017年2月25日)

「精神医療とスピリチュアルケア」 香山リカ×賀来周一(キリスト教カウンセリングセンター理事長)対談

おわりに

【本体1,600円+税】
【キリスト新聞社】9784873957456

書籍一覧ページへ

TO TOP