【Ministry】 特集「発信力を鍛える」 36号(2018年2月)

特集「発信力を鍛える」

 「人が集まらない」「若者が来ない」――教会が慢性的に抱えている課題。その原因の一つは、教会の発信する情報が、伝えたい人に伝わっていないことにあるのではないか。なぜ伝わらないのか、どうしたら伝わるか、伝えるとはどういうことか。発信する側と、受信する(してほしい?)側から探ってみた。発信力を鍛えて、新しいコミュニケーションをつくろう!

Contents
・伝わる極意 鈴木契(電通コピーライター)
 「伝えるって相手の気持ちが動くこと」
・「ハタから見たキリスト教」
 たかまつなな(お笑いジャーナリスト)
 「政治や宗教の話をもっと身近に」
・新来者の視点 八木谷涼子(教会ウオッチャー) 
 「新来者が行く」リターンズ
・教会の事例 日本基督教団旭東教会
 「もっと行きやすくする」八木谷講演を受けて
・ブログで実践 かんき&ich(ブロガー)
 クリスチャンブロガーが気をつけたい心構え10カ条

シリーズ・21世紀 神学の扉
「中国の神学」 王 艾明(元南京金陵協和神学院副院長)

良い本 売れる本って、どんな本?
トークイベント「魅せます!本づくりの舞台裏」より

教会的「宣伝会議」セミナー2017
「視点を変えれば伝え方が変わる」ダイジェストDVD

【 本体1,500円+税 】
【キリスト新聞社】

書籍一覧ページへ

TO TOP