【雑誌紹介】 大切な子どもたちを親元に返す 『百万人の福音』1月号

 特集『信仰生活を彩る』。あれこれ50冊ほどを選び出すまでの苦労を想像する。「横田早紀江さんを囲む祈り会」を紹介する「ブルーリボン・レポート」。2018年10月18日の横田さんの思いに目が留まった。

 拉致だけでなく、核の問題や他にも多くの問題があることが大きく報道されるようになりました。国のトップが、自分の親族でも誰でもあっという間に木っ端微塵に殺してしまうような国だったというのが、ようやく世界中にわかるようになってきたのです。それは、皆様方が一緒に祈ってくださって、日本中の方に支援していただいて活動を続けてきた中で明らかになってきたわけです。

 拉致事件が解決しないいちばんの根源は、やはり北朝鮮の考え方が人間として間違っているからだと思います。自由主義国家では、命の大切さという大事なことがわかっていますが、あちらではそういう教育を受けていないのか、もう全然見当違いで、理解できないのでしょうね。国家の秘密を知っているから返せないとかそんな問題ではなく、大切な子どもたちを親元に返すのは当たり前なんだと、誰かが真剣に説得しないとわからないと思います。

【本体562円+税】
【いのちのことば社】

書籍一覧ページへ

TO TOP