【雑誌紹介】 自衛隊が治安維持のため出動も 『福音と世界』2月号

 プーチン発言によって日本の沖縄に対する植民地政策が透けて見えた。作家・佐藤優が「ことばの履歴書」で、前月に続き、また切り込んでいる。

 辺野古新基地建設も、日本政府が望まないならば拒絶することは十分可能だ。そもそも沖縄から米海兵隊が全面撤退しても、中国や北朝鮮に対する抑止力が弱まるわけではない。さらにトランプ政権下、米国の国家意思として海兵隊を沖縄から撤退させる可能性もある。その場合、自衛隊が辺野古新基地を保有することになる。辺野古新基地には航空母艦が寄港できる港が建設される。護衛艦「いずも」は、短距離で離陸でき、垂直着陸が可能な戦闘機(STOVL機)の使用が可能になるよう改装されることになった。自衛隊が保有する辺野古新基地は、「いずも」が寄港し、常駐するオスプレイと併せて、中国に対抗する強力な軍事力を持つことになる。日中の武力衝突が起きれば、中国によって沖縄が攻撃される可能性が高まる。また、沖縄で日本からの分離運動が起きた場合、辺野古新基地に駐留する海兵隊機能を持った陸上自衛隊の部隊が、オスプレイを用いて治安維持のために出動することも可能になる。

【本体588円+税】
【新教出版社】

書籍一覧ページへ

TO TOP