【新刊】 『歴史から見たキリスト教信仰』 内坂 晃

《内坂晃著》

聖書の信仰は、現代の歴史状況の中でいかなる展望を示しうるか。
パレスチナ問題や天皇制問題を通してキリスト者のあり方を問う。

私たちはもはや正統的キリスト教教義を絶対化したり、そこに安住したりしていることは出来ないのであって、その中身が厳しく問われなければならない。……原理主義と熱狂主義に対し、単に寛容を主張するだけでなく、聖書の読み方として、どこが問題なのかがもっと語られねばならないのではないか。(「あとがき」より)

【A5判・並製<ブックレット仕様>・74頁 本体800円+税】
【キリスト新聞社】ISBN978-4-87395-761-6

書籍一覧ページへ

TO TOP