【書評】 『尊厳ある介護――「根拠あるケア」が認知症介護を変える』 里村佳子

 社会福祉法人呉ハレルヤ会呉ベタニアホーム統括施設長の著者が、介護に悩む家族や介護施設で働くスタッフのために、認知症の人の自尊感情を高める関わり方や、本人や介護者を苦しめる徘徊や暴力などの改善法を伝授。

 呉ハレルヤ会は1997年、呉市の20のプロテスタントのキリスト教会が、高齢者のため、キリストの愛で仕えたいとの祈りによって立ち上げられた。認知症への正しい理解を持ち、その人に寄り添い、尊厳を守ることで、介護者のストレスも軽くなり、介護の手間と時間も減少する。自身の体験をもとに、認知症の人の尊厳を守る介護の具体的なメソッドが豊富な事例と共に紹介される。

 認知症の人の尊厳を守るために必要なこととは、よい人間関係を保つために、私たちが普段から心掛けていることと何も変わりないと気づかされる。

【本体1,800円+税】
【岩波書店】978-4000237390

書籍一覧ページへ

TO TOP