【既刊】<キリスト教カウンセリング講座ブックレット6>『聖書におけるスピリチュアリティー・スピリチュアルケア』●第2刷● 大柴譲治、賀来周一

現代人は「スピリチュアル」なものに飢えているようである。その現象は今の時代が持つ根源的な不安と閉塞感を表しているともいえる。本書では、現代に生きる私たちに対し、聖書がどのような「スピリチュアリティー」を提示しているのかを探り、また、臨床牧会の立場から「スピリチュアルケア」について取り上げる。

【目次から】
第一部 聖書のスピリチュアリティー―創世記を手がかりとして(大柴譲治)
 序 章 「スピリチュアリティー」とは何か
 第一章 「神からの呼びかけ」としての超越的スピリチュアリティー
 第二章 「人間における応答」としての内在的スピリチュアリティー
 第三章 「終わり」から「今」を生きる終末的スピリチュアリティー
 終 章 「たとえ明日世界が終わるとしても、今日わたしはリンゴの木を植える」
第二部 スピリチュアルケア―臨床牧会の立場から(賀来周一)
 第一章 現代社会におけるスピリチュアリティーの問題
 第二章 スピリチュアルペインの発生因と類別
 第三章 スピリチュアルペインと聖書
 第四章 スピリチュアルペインに対するケア
 第五章 この「わたし」は死んだらどうなるのですか。
 付 記 「わたしの物語」をつくる

大柴譲治=日本福音ルーテル教会武蔵野教会牧師、ルーテル学院大学・日本ルーテル神学校非常勤講師(牧会学・臨床牧会教育)
賀来周一=キリスト教カウンセリングセンター相談所長、元ルーテル学院大学教授

【A5判・184頁 定価1,870円(本体1,700円+税)】
【キリスト新聞社】9784873955858

書籍一覧ページへ

TO TOP