【既刊】『キリスト教神学資料集 下 The Christian Theology Reader』【オンデマンド版】 アリスター・E・マクグラス(古屋安雄監訳)

神学を学ぶための必携の書! 待望のオンデマンド版! お待たせいたしました!
マクグラスが編集した神学資料集(2007年11月、原著第3版に準拠)。2000年に及ぶキリスト教神学史上、基本的な文献がテーマ別に網羅。今日、神学を語るうえで欠かすことのできない神学者たちの特に重要な部分が抜粋されている。上巻では「神学の源泉」「神論」「キリストの人格」「キリストにある救い」を扱い、下巻では「人間の本性と罪と恩恵」「教会」「サクラメント」「キリスト教と諸宗教」「最後の事柄」までを収録。

【目 次】
第6章 人間の本性と罪と恩恵
    エイレナイオス―人間の発達について
    テルトゥリアヌス―罪の起源について ほか
第7章 教会
    エイレナイオス―教会の役割について
    オリゲネス―教会と救済について ほか
第8章 サクラメント
    アレクサンドリアのクレメンス―キリストを食する信仰について
    アレクサンドリアのクレメンス―洗礼の結果について ほか
第9章 キリスト教と諸宗教
    殉教者ユスティノス―キリスト以前のキリスト教について
    ルートヴィヒ・フォイエルバッハ―宗教の起源について ほか
第10章 最後の事柄
     エイレナイオス―創造の最終的回復について
     アンティオキアのテオフィロス―条件的不死性について ほか

【A5判・684頁 定価12,100円(本体11,000円+税)】
【キリスト新聞社】9784873954875

書籍一覧ページへ

TO TOP