【既刊】『もっと教会を行きやすくする本 「新来者」から日本のキリスト教界へ』●第5刷● 八木谷涼子

雑誌Ministry(ミニストリー)の人気連載「新来者が行く」を単行本化!
はじめて教会に行った「新来者」が教会からどんな印象を受けたか、教会のどんな対応を好ましく思い、あるいはそう思わなかったかをイラスト満載で解説! 牧師や教会役員におすすめの一冊!

●目次より
1.教会に行くまで :外掲示板でその教会がわかる/地図に載っている教会、いない教会/電話の対応
2.はじめて礼拝に出てみる:入りやすい教会/扉の先にある対応/新来者カードを考える/座席の問題
3.礼拝の難しさ:ついていきにくい礼拝/つらい礼拝/新来者と聖餐式/礼拝はいつ終わる?/礼拝後に新来者を待っていること
4.教会とインターネット:教会のインターネット活用/基本情報をわかりやすく/困ったサイト/音声配信と礼拝動画
5.後奏:新来者とお葬式/超教派・教会マップの可能性/小さなカードで伝道!/新来者にはわかりにくいプロテスタント教会用語/元新来者から

●著書
『キリスト教歳時記―知っておきたい教会の文化』、『別冊太陽 日本の教会をたずねて1&2』(いずれも平凡社)、『知って役立つキリスト教大研究』(新潮OH!文庫)、『なんでもわかるキリスト教大事典』(朝日文庫)、共訳書に『アラビアのロレンスを探して』( 平凡社)など。

【A5判・100頁 本体1,500円+税】
【キリスト新聞社】9784873956442

書籍一覧ページへ

TO TOP