【既刊】<現代の教会を考えるブックレット1>『「健康な教会」をめざして -その診断と処方』  越川 弘英編、関谷 直人著

教会が何の欠けも問題もない「愛の共同体」であるとする「幻想」、牧師の献身という言葉に内在する「強迫観念」、そして信仰と権威が複雑に絡まりあった牧師と信徒の特殊な関係に対する「無理解」など、教会固有の問題を取り上げ、症状改善のための処方箋を提供する。
『キリスト新聞』好評連載の「教会の病理学」を大幅に加筆し、単行本化。

■好評発売中
<現代の教会を考えるブックレット2>
 牧会ってなんだ? -現場からの提言-(越川弘英編著) 1,470円

【A5判・146頁 定価1,320円(本体1,200円+税)】
【キリスト新聞社】9784873955001

書籍一覧ページへ

TO TOP