【既刊】『闇を変えて』 武岡洋治

闇を光に変える!マラリア予防の処方により失明状態に陥った著者が、視覚障害を乗り越える道を切り開き、飢餓・戦火・人道虐待に苦しむスーダンの地に希望の光を追い求める。

肌色、部族、宗教の違いを越えて
闇を克服するのに力及ばず、それに押しつぶされてしまうことがその人に不幸をもたらすのではなかろうか。人間お互い同士が助け合うこと。
お互いの闇を共感し共有すること。そこに私たち人生の意義があると私には思えるのである。私は自分のアフリカ体験を通して、そのことを考える機会を与えられた…
私にとって闇を光に変えることは、薬害失明の再発を防ぐこと、その対策を確立することである。(本文より)

【著者】
1937年生まれ。名古屋大学大学院農学研究科博士後期課程修了。同大在職中、米ミシガン大、ボリビア・サンフランシスコ・ハビエル大に派遣される。スーダンにおける農業開発と砂漠化・飢餓の現地調査に際し、日本の公的医療機関で受けたマラリア治療薬ファンシダールの予防用処方により、スティーブンス・ジョンソン症候群の重度視覚障害を負う。定年後、同志社大学大学院神学研究科博士前期課程修了。日本基督教団安城教会担任教師を歴任。視力をなくしたスーダンの子らと交流を続けて今日に至る。
【目 次】
Ⅰ部 闇と光
 第1章 絶望の淵より
 第2章 ある被爆三世の失明をめぐって
 第3章 闇を変えて
 第4章 患の癒し
 第5章 伴走者主イエスと苦難の代行
 第6章 失われた人の再生
 第7章 わたしの民を慰めよ
Ⅱ部 サヘルの光求めて
 第1章 同労の友のメッセージ
 第2章 窮食、栄養失調そして失明
 第3章 窮食をめぐるヒューマニティと寛容
 第4章 分かち合って今日食べるために
 第5章 聖なるものと出会う場所
 第6章 サヘルの地平
 第7章 サヘルの砂漠化とオアシス農業
第8章 肌色、部族、宗教の違いを越えて
 第9章 世界危機と貧しく弱い命
 第10章 独立と帰郷への道のり
Ⅲ部 詩
 「遙かなる旅路の果てに―マラリア薬禍生還の軌跡」
【著者の既刊本】
打たれた傷によって -環境失明超克の地平
人生に絶対の暗黒はない!
定価1,995円

【四六判・136頁 定価1,320円(本体1,200円+税)】
【キリスト新聞社】9784873956275

書籍一覧ページへ

TO TOP