【既刊】『聖書の解釈と正典 -開かれた「読み」を目指して』 関西学院大学キリスト教と文化研究センター編

正典論から解釈学まで、今日の聖書学における課題・限界、そして新たな発展を考える。
執筆者:辻学、樋口進、水野隆一、嶺重淑

【四六判・170頁 定価1,650円(本体1,500円+税)】
【キリスト新聞社】9784873954905

書籍一覧ページへ

TO TOP