【既刊】『洗礼から聖餐へ -キリストの命の中へ』 芳賀力

プロテスタント教会がサクラメントとして重んじてきた「洗礼」「聖餐」がもつ意味とは? 聖餐の問題で揺れ動く現代の教会の中にあって、聖書、歴史、伝統、礼拝、説教、宣教といった諸方面との対話からその本質を分りやすく解き明かす。

【四六判・188頁 定価1,980円(本体1,800 円+税)】
【キリスト新聞社】4873954746

書籍一覧ページへ

TO TOP