【既刊】『三位一体論の理解を求めて -聖書の通読百回余にしてようやく理解に至った一信徒の半生記且つ反省記』 松尾勲

【目 次】
はじめに
工業高校へ入学
自殺未遂
天に星 地に花 人に愛
キリスト教へ入信
三位一体論の壁
親戚の建材店へ就職
聖書通読
イエスと聖霊の一体性
神は自らを第三者的に呼称されるという事実
旧約時代の三位一体
イエスの生誕
イエスの死と復活
キリスト教の拡大
ローマ帝国がキリスト教を公認
ユダヤ国家の滅亡
結婚
定時制高校へ入学
家族と別居
神とイエスとの一体性
復活の意義
自費出版
生活保護を申請
キリスト・イエスの祈りは演技
三位一体の神髄は神の愛
聖霊の内住問題
反省

【著者略歴】
1941年11月生まれ。
1960年 工業高校を卒業後、就職するも3カ月ほどで退職。
それから3年程の間に4回ほど転職。
1963年 キリスト教へ入信
1964年 神学校へ入学。しかし三位一体論や聖霊に関する教理などを理解出来ないことがきっかけで強迫神経症を発症し、1年後に退学。
1966年 親戚の新建材販売会社に就職。
1968年 三位一体論の理解を求めて独学を始め、26年後の1994年、ようやく理解するに至る。

【四六判・125頁 定価1,320円(本体1,200円+税)】
【キリスト新聞社】9784873955735

書籍一覧ページへ

  •  

     
  • 求人/募集/招聘
  • 聖コレクション リアル神ゲーあります。「聖書で、遊ぼう。」聖書コレクション
  • 神サポ電気