【書評】 『悩めるあなたの道徳教育読本』 神代健彦、藤谷秀 編著

 教科化された道徳の授業を学校現場でどう実践するのか。とりわけ「聖書科」「宗教科」に読み替えてきたキリスト教主義学校の教員にとっては悩ましい問題だ。

 国が定めた特定の価値を「普遍的」として押し付ける危うさをふまえた上でなお、魅力的で多元的な授業の可能性を追求すべく、教育学、社会学、哲学の英知を結集。真の意味で「考え」「議論する」道徳を生み出すアイデアを提示する。

 大事なのは、唯一絶対の答えを覚えることではない。したり顔で道徳を説きがちな大人たちの、時代や社会を読み解く力と覚悟が問われる書。とかく教条的になりがちな教会学校(日曜学校)の担当者にも多くの示唆を与えてくれるはず。

【本体1,800円+税】
【はるか書房】978-4434265624

書籍一覧ページへ

TO TOP