【雑誌紹介】 連続講解「使徒信条」 『説教黙想』第109号

 連続講解「使徒信条」。「陰府にくだり」(高橋誠=日本ホーリネス教団八王子キリスト教会牧師)、「三日目に死人の内よりよみがへり」(小泉健=東京神学大学教授、日本基督教団成瀬が丘教会牧師)、「天に昇り」(荒瀬牧彦=日本聖書神学校教授、カンバーランド長老あさひ教会協力牧師)、「全能の父なる神の右に坐したまへり」(安井聖=日本ホーリネス教団西落合キリスト教会牧師)、「かしこより来りて、生ける者と死ねる者とを審きたまはん」(須田拓=東京神学大学准教授、日本基督教団橋本教会牧師)、「聖霊」(宮嵜薫=日本基督教団国立教会牧師)、「聖なる公同の教会」(本城仰太=東京神学大学常勤講師、日本基督教団中渋谷教会牧師)、「聖徒の交はり」(朝岡勝=日本同盟基督教団徳丸町キリスト教会牧師)、「罪の赦し」(吉村和雄=品川キリスト教会牧師)、「身体のよみがへり」(服部修=日本基督教団蕃山町教会牧師)、「永遠の命」(広田叔弘=日本基督教団梅ヶ丘教会牧師)。

 他に「教理と説教と説教者について」(小峯明=日本キリスト改革派船橋高根教会牧師)など。

【本体1,762円+税】
【日本キリスト教団出版局】

書籍一覧ページへ

TO TOP