【新刊】 『説教 十字架上の七つの言葉』平野克己

「わが神、わが神、なぜ」と、私たちは絶望の最奥にあっても、神を呼ぶことができる。教会の者たちはこの歌を、いかなる日にも、礼拝の中で歌い続けてきた。
なぜか。神を信頼しているからです。神を礼拝しているからです。神以外に私たちの希望はないからです。(本文より)

「説教塾」をリードする著者による初の説教集!!

コロナ感染症が世界を席巻していった2020年の受難節。日本中の教会が苦難の歩みに向かっていく、そのただ中で、ひとりの牧師が「十字架の七言」を語った。
イエスと共に、赦し、愛し、結び、渇き、叫び、ゆだねる……その道行きを、圧倒的な説教、そして若手画家「井上直」の作品と共に静かに辿る。危機の時代の受難節(レント)を歩む教会に、新たないのちを吹き込む説教の言葉がここに!

【目次】

Ⅰ 十字架のもとに建つ教会  
「父よ彼らをお赦しください。」

Ⅱ 今日、あなたは楽園にいる  
「あなたは今日、わたしと一緒に楽園にいる。」

Ⅲ 十字架のもとに生まれる家族  
「御覧なさい。あなたの子です。見なさい。あなたの母です。」

Ⅳ わが神、わが神、なぜわたしを  
「エロイ、エロイ、サバクタニ。」

Ⅴ 主イエスの渇き  
「渇く。」

Ⅵ 成し遂げた主  
「成し遂げられた。」

Ⅶ わたしの霊をあなたの御手に  
「父よ、わたしの霊を御手にゆだねます。」

Ⅷ〈復活祭〉 闇の中を歩くとき、光のないときも  
「わたしを愛しているか。」

【著者】
平野 克己
 ひらの・かつき
 1962 年東京生まれ。国際基督教大学卒業、東京神学大学博士課程前期課程を修了。日本基督教団阿佐ヶ谷教会、金沢長町教会を経て、2000 年4 月より日本基督教団代田教会牧師。この間、米国デューク大学で客員研究員として過ごす。雑誌『Ministry』(キリスト新聞社)の編集主幹。
著書:『今、アメリカの説教学は』『(編)説教を伝える極意』(以上、キリスト新聞社)、『主の祈り イエスと歩む旅』『説教を知るキーワード』(以上、日本キリスト教団出版局)ほか
訳書:R・リシャー『説教の神学』(共訳、教文館)、バーバラ・ブラウン・テイラー『天の国の種』(共訳、キリスト新聞社)、ウィリアム・ウィリモン『洗礼』(日本キリスト教団出版局)ほか

【画】
井上 直
 いのうえ・なお 1983年京都生まれ。日本全国の教会を会場に聖書を主題とした油彩画を発表している。国内外のアートフェア・ギャラリー企画展にも積極的に出品し、作品を通して自身の信仰を証している。日本基督教団洛北教会員。
作品、個展のお問い合わせ:http://www.nao-inoue.net/

 

四六判・並製・220頁、定価1,870円(本体1,700円+税)  
ISBN978-4-87395-801-9 C0016(日キ販)

書籍一覧ページへ

TO TOP