【Ministry】 特集「となりの国のキリスト教 韓国編」 18号(2013年夏)

特集 「となりの国のキリスト教 韓国編」

 遠くて近いおとなり韓国。韓流スターやK-POPアイドルがもてはやされる一方、靖国参拝、歴史認識、領土問題など、政治的には難題を抱える日韓関係。キリスト者人口が25%にも及ぶという「キリスト教大国」の実情から、日韓の教会かが果たすべき役割が見えてくるのではないか。知られざる”生の”韓国キリスト教会に迫るべく、現地に飛んだ。

 

Contents

・記者が見た「韓国なう」

・基礎講座 「韓流を知る」

・編集長対談  『基督教思想』洪承杓×『Ministry』松谷信司

・現地レポート 韓国教会のリアル

・寄稿  「韓日連合異端対策セミナー」報告

・インタビュー 金英柱

 韓国基督教教会協議会(NCCK)総務

・姜尚中さん「 東アジア共同体におけるキリスト教徒の役割」一問一答

・いのり★フェスティバル関西

 鼎談「カミとホトケと、時々、オタクⅡ」

 片柳弘史(デジタル大陸の宣教師)×池口龍法(「フリースタイル」な僧職男子)

・新島学園短期大学チャペルアワー

 中島ノブユキさん(作曲家)が語る「八重の桜」と僕の原点

・Live Report

 牧師ROCKS×坊主バンド

・シリーズ・名画を読む

 「十誡」

【 本体1,500円+税 】
【キリスト新聞社】

書籍一覧ページへ

TO TOP