WCC第11回総会テーマ 「キリストの愛が世界を和解と一致へと動かす」と発表 2019年1月11日

 世界教会協議会(WCC)中央委員会は1月10日、2021年にドイツのカールスルーエで開かれる第11回総会のテーマを「キリストの愛が世界を和解と一致へと動かす」に決定したことを公式サイトで発表した。

 WCCによると、WCC総会計画委員会(APC)は現在キプロスで会合を開いており、この総会のための中心的な基礎的要素を開発中だという。

 オラフ・フィクセ・トヴェイト総幹事は「このテーマは、キリストに従ってキリストの愛を証しすることを求め、正義と平和の探求、そしてそれに基づく一致において表現される、愛の運動としてのエキュメニカル運動に焦点を当てる助けとなるだろう」とコメントし、「一つである人類家族は愛を必要としており、私たちの未来に共に向き合うために愛する必要がある」と付け加えた。

 WCCはAPCが次の総会のための準備を始めそれに向かって動くにあたって、APCのための、そしてその交わりのうちにある加盟教会や協力団体のための祈りを求めている。

 総会はWCCの「最高決定機関」であり、8年ごとに開催される。総会の公式な目的はプログラムを再検討し、WCCの全般的な方針を決定するとともに、会長団を選出し、次の総会までWCCの最高統治機関としての役目を担う中央委員会を設ける。

WCC 次回総会をドイツのカールスルーエで開催へ 2018年6月21日

©Albin Hillert/WCC

海外一覧ページへ

海外の最新記事一覧

TO TOP