【訃報】 西川重則さん(平和遺族会全国連絡会代表) 2020年7月23日

 にしかわ・しげのり 7月23日、老衰のため逝去。92歳。昨年6月に路上で転倒し歩行が困難となり、年末から熱海市の施設で生活していた。葬儀は25日、療養先の静岡県熱海市の斎場で家族葬により行われた。司式は今井献(すすむ)氏(日本キリスト改革派東京教会牧師)。

 1927年香川県生まれ。「靖国神社国営化反対福音主義キリスト者の集い」代表、「キリスト者遺族の会」実行委員長、「政教分離の侵害を監視する全国会議」事務局長、「平和遺族会全国連絡会」代表、「日本キリスト教協議会=NCC=靖国神社問題委員会」委員、「戦没者追悼平和記念館」問題連絡協議会代表、「戦争被害調査会法を実現する市民会議」共同代表、「とめよう戦争への道! 百万人署名運動」事務局長、「重慶大爆撃の被害者と連帯する会・東京」事務局長などを歴任。日本キリスト改革派東京教会会員。

 著書に『「昭和館」ものがたり』『「新遊就館」ものがたり』『主の「正義」と今日の日本』『平和を創り出すために』『わたしたちの憲法 前文から第103条まで』(いのちのことば社)、『靖国法案の五年』『靖国法案の展望』(すぐ書房)、『天皇の神社 靖国』『有事法制下の靖国神社』(梨の木舎)、共著に『宗教弾圧を語る』(岩波新書)、『これから戦争なんてないよね?――自由がふつうじゃなくなる日』(いのちのことば社)ほか多数。

社会・教育一覧ページへ

社会・教育の最新記事一覧

TO TOP