汚染水海洋放出計画の撤回求め 日韓聖公会がNCCの声明を支持 2021年7月1日

 日本聖公会「正義と平和委員会」の上原榮正委員長、同「日韓協働委員会」の磯晴久委員長、大韓聖公会「韓日共同委員会」の朴東信委員長は連名で6月10日、福島第一原子力発電所放射能汚染水海洋放出の撤回を求める声明を発表した。

 この声明は、日本キリスト教協議会(NCCJ)と韓国基督教教会協議会(NCCK)が4月29日に発表した日韓教会共同声明(本紙5月21日付既報)を支持するもの。「漁業関係者をはじめ国内外からの反対の声に耳を傾け、自然環境を含むすべての『いのちの尊厳』を守るために、福島第一原子力発電所放射能汚染水海洋放出を撤回することを強く求めます」と訴えた。

日韓NCCが共同声明 汚染水海洋放出計画の撤回求める 2021年5月21日

社会・教育一覧ページへ

社会・教育の最新記事一覧

TO TOP