【書評】 『ぬくもりの記憶』 片柳弘史

 ラジオ番組「心のともしび」などのために著者が寄稿した文章を加筆・修正、日々の生活から信仰をうたったエッセイ集。

 出会った人々のリアルな言葉や美しい豊かな自然の描写は、農家で生まれ育った子ども時代から献身へと導かれた青年期、そして神父として生きる現在までの著者の日々を鮮やかに感じられるだけでなく、私たち自身のあり方を優しく問い直す。

 「心を豊かにしてくれるものは、いつでもわたしたちのすぐ近くにあって、わたしたちが気づくのを待っているのだ」――そんな平凡さの中にキラッと光る大切なことが、たくさんちりばめられた1冊。

 10万超のフォロワーに支持される著者の人気シリーズ『こころの深呼吸』『始まりのことば』と合わせて、クリスマスの贈り物に。

【書評】 『こころの深呼吸』 片柳弘史

【本体1,000円+税】
【教文館】978-4764264632

書籍一覧ページへ

TO TOP