ハーバードは「知的・精神的破綻」とC・ウエストが辞表で指摘 2021年7月16日

 今年初めにハーバード大学神学部を辞めると発表した、人種問題を歴史学的分析を用いて論じ、熱心な社会活動家としても知られるコーネル・ウエストが、6月30日に同大神学部長に宛てた書簡を公開し、辞任の理由を説明するとともに、同大関係者の「ナルシスト的な学問的プロフェッショナリズム」を非難した。宗教専門RNS通信が7月13日報じた。

 7月からニューヨークのユニオン神学校に「テニュア」(教授として終身在職する権利)を持って在籍することになったウエストは、2月にハーバード大学が「テニュア」申請が認めないなら、ハーバードを去ると脅していたという。3月にはユニオン神学校への移籍が発表された。

 書簡の中で、ウエストは、パレスチナ人に対するイスラエルの扱いを公然と批判したことが、大学が「テニュア」申請を拒否したことに一役買ったと考えている、とツイッターで述べた主張を繰り返した。ウエストは、「教授陣がテニュア候補者を熱心に支持した後、ハーバード大学がパレスチナ人の大義を敵視していることを理由に、臆病にも拒否するのを目の当たりにして、うんざりした」と指摘している。

 ウエストは、アメリカにおける黒人問題を経済史、政治史、宗教史、倫理学の視点から論じた代表作『レイス・マターズ』(邦訳書『人種の問題――アメリカ民主主義の危機と再生』)は全米で35万部を売り上げた。そのほかにも多くの著作がある。(CJC)

 

Esther - originally posted to Flickr as cornel west!!!, CC 表示-継承 2.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=4608639による

海外一覧ページへ

海外の最新記事一覧

TO TOP